スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

雷のパワーの秘密(恵にならないエネルギー)

130907-01.jpg皆々様、こんにちは。

なんかさ、毎日の天気が不安定……。
ここで一句。
急に雨、急に雷、急に晴れ。

ボクもこの間、1日に3回もゲリラ豪雨に襲われた。
出勤の時、昼食の時、会社の帰り……。
外出の全てでブチあたったわ。
ここまで縁があるとゲリラ豪雨は、もしかしたら男で、
ボクに気があるのかしらと思っちゃう。

さてさて、今日のラッキーランドは、『雷』についてだよ。


★雷の発生原理は、静電気と同じ。
例えば,下敷きを脇の下で擦って、頭にかざすと髪の毛が
逆立ちます。
また、冬に車のドアに触れる直前に、ビビッっとくる時があります。
原理は、同じ。
物が擦れ合うと静電気が、発生することがありますね。
雷雲の中でもこれと同じコトが起こってます。
暖められて上昇する雲の粒と落下する雲の粒の間で、
擦れあいが発生し、強烈な静電気を起こします。

ちなみに多くの落雷の多くが、地上に溜まった『+』の電荷に対し、
雲の底面の溜まった『-』の電荷が、誘導されて発生する。

したがって雷は、マイナスの電気という事になりますね?


★1回の落雷で生じる雷のエネルギーはどのくらいなの?
エネルギー数値で言えば、落雷時の電圧は200万~10億ボルト、電流は1千~20万、時に50万アンペアにも達する。
一般家庭の電圧は普通100ボルトですから、単純計算で1000万倍くらいのパワーでしょうか? 
 

★巨大なエネルギーが生む音と光
本来、空気は電気を通さない性質を持ってますが、雲の中の電気が溜まり溜まって耐えられなくなり、
逃げ場のない電気は無理やり空気の中を通って地上に流れようとします。
この電気の流れ(放電)が稲妻となって光り、雷が落ちるのです。


★この雷パワーを利用できないものなのか?
殆どのヒトが、あの電気を利用できないのか考えたはず。
確かにそのエネルギーは、家庭用の電力に推定すると、1世帯の2月分くらいの消費量にあたります。
それだけを見れば、かなり魅力的だと思うけど、果たしてそーのなのか?

結論をいうと、科学的にはやろうと思えば出来なくはない。 
しかし、採算的には全く合わない。 
130907-02.jpg 
『今、キミが使っている電気は、今、作っている電気である』
まず、このコトを理解するコト。
ちなみに電池も同じ。
電池の管の中に電気そのものが蓄えられているワケではないわ。
電気に変わる電解質があり、使うたびに生成しているだけ。

つまり、基本的に電気は電気のまま貯められないというコト。
完全な、ある意味、『生もの』なのよ。

商業電力として利用するには、
常に安定的に供給しなければなりません。
保存が効かず尚且つ何処に落ちるか判らない以上、
あちらこちらで雷回収の為の避雷針を建て、
それらを変電施設に繋げなければなりません。
更に安定供給させるには、
定期的に雷が落ちて貰わなければならないハズ。

ボクはその周辺に住むのは、御免こうむるよ。
雷マニアの方にとっては、天国かもしれないケド……。

莫大だけど、気まぐれなエネルギー……。
利用は無理だね。



ちなみに、地球上では1秒間におおよそ100回、毎日約860万回もの落雷が起こっていると推定されている。
日本では年平均約20人、世界では約千人が落雷による直接被害に遭い、
世界平均で被害者の約30%が死亡している。


なんて、残念なエネルギーなのかしら……。

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2013-09-07 : ボクのちょびっとサイエンス :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。