スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

【それってクロじゃない!?】 新しい不倫のカタチ『サイバー不倫』の実態!! エッチはしないけど不貞行為だよね!! 

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『エッチなし、サイバー不倫の実態!!』よ。

俗に言う『不貞行為』とは、結婚相手以外の異性と自由な意思で性的関係を持つコト、いわゆる『不倫関係』のコトを言いますよね。取り分け日本の裁判例においてその白黒の争点になるのが、『本人たちの自由意思で性的結合があったかどうか?』が、不倫か否かを左右するポイントとなっていますよね。

要は『やっちゃったか』or『やっちゃってないのか』というコトですわ。
でも、裏を返せば性的関係さえなければ『不倫』とは認められないというコトになるかと思います。

つまりは、『ふたりきりで会っている』『頻繁に食事している』『手をつないでいる』『抱き合っている』『キスしている』などなど、これらの行為が証拠として残っていても、裁判では『不貞行為』と認められにくいのが現状で、極端な言い方をすれば明確なエッチ写真でも無い限り、『不貞行為』とならないと言えます。
不倫が発覚する場合、例えば芸能人やタレントの例ですと、ホテルから出る所を激写されたり、相手のマンションでのお泊り明けをスクープされたりと、まあヤッちゃってもおかしくない現場を押さえられて問い詰められて、自白によるい発覚です。(もしくは破局した時の相手の激白からもありますが……)
とは言え、公共の電波を使ったり、世間に顔が認知されてない一般市民たるボク達の場合は、どんな状況でも平たくいえば『性的結合』さえなければ『不貞行為』『不倫』というコトにはならない。ホテルから出てくるトコを1回激写されても、「呑みすぎて具合が悪くなったので……」なんて見え透いたウソもまかり通りやすいのかと思います。(流石に、何回もホテルから出るトコを目撃されれば、話は別かと……)

で、あるならば『性的結合』さえ伴わなければ『不倫ではない』と考えるヒトがいても不思議ではありませんよね。お付き合いは全てスマホやパソコン上でのやりとり。リアルでは会ったコトすらない相手とのそれならば、とても『不倫』として認定されないからイイのでは、なんてのが『サイバー不倫』の実態です。

今日はそんな『都合のイイ不倫だけどやっぱりよくない行為』について、考えてみました。

以下に列挙するわ。


★通常の『不倫』と違うトコ

⇒前述でも述べた様に、『不倫』とは結婚相手以外の異性と自由な意思で性的関係を持つコトです。コレに対して『サイバー不倫』は、不倫時における言葉や気持ちはそれに酷似しているものの、実際に実体が伴わない不倫的行動です。経験者の談話を聞きますと、電話もしない=だから声も聞いたコトもない。(動画のやり取りで、記録された声を聞いたコトはあるが、リアルタイムの会話は全く無い)絶対に会わない=写真や動画でしか見たコトない。会話はチャットやLINE。

⇒ここまででしたら、普通の仲のいい異性の友達程度ですが、サイバー不倫の行為には、情報のやり取りに『性的情報』が含まれます。メールに自分の裸の自撮り写真を送ったり、自慰行為の動画をやりとりして、愛をささやくメッセージをやりとりしているそうです。
女性は、例えばシャワーや入浴前に服を脱ぎ、下着を脱ぎ、大事なトコを露にしてく写真を一枚一枚送ったり、それに呼応して男性側もみずからの男性器が勃起した様子を撮影して送り返してくる。そんな性的情報のやり取りがだけで、性的結合に匹敵する『互いに心と体が結ばれたと感』を実感できるというコトです。

⇒こんな赤裸々なやりとりがあっても法的な判断は、不倫かどうか微妙なトコみたいです。なんかやるせない感じですよね。

170425-01.jpg 

★通常の『不倫』よりもメリットがある!?

⇒あまり考えたくはありませんが、通常の不倫よりもローリスクであるコトは間違いありません。確かに直接的な性的交渉がないので、法律的にも中々裁けない状況ですし、身体は全くキズを追いません。ただ、結婚相手に与える心のキズを実際の不倫以上かもしれません。なにせリアルな性的対象者が架空に近い存在に負けてしまうのです。された方は、たまったものではありません。

⇒更に、不倫行為は自宅内でおこなわれます。SNSなどを利用しますので、確かに不倫を始めるきっかけとしては非常に手っ取り早く、かつ安心な方法だと思います。スマホ等のやり取りだけに、普段の自分自身では言わないような内心をさらけ出せる事もあるでしょうし、またリアルに親密になるための相手との食事やホテル代などの 会うことでの費用がかかりません。
一番のメリットはやはり、誰にも見られないというコトでしょうか。

⇒更の更にですが、男性側の自宅に呼んでの逢瀬は、どこに証拠が残ってしまうか分かりません。普段から自宅に居る妻からすれば、その変化見つけるのはいとも簡単なコトです。ところがデジタルの世界ですと男性側に軍配があがります。女性はパソコンやスマホの設定には苦手な方が多い様で、男性からすれば女性よりも優位に立てる箇所かと思います。


こんなトコでしょうか?

実際の肉体的不貞行為の伴わないこのような『精神的な浮気』に対して、ボク達はどう向き合ったらイイのでしょうか? 
確かにエッチな写真や情報のやり取りで全てを取り締まるコトは出来ないと思う。それを認めてしまうと、既婚男女が配偶者以外の異性とちょっとエッチにからむ内容にお話しをしただけでクロになってしまいます。

ネット上の逢瀬は、リアルと認定するかそれともバーチャルとするか?

ボク達は、また新たな道徳的決断を迫られてるのかもしれませんね。

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2017-04-25 : ボクの結婚哲学 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。