スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

【おはよう! 出勤大改革!!】 『早朝勤務』による朝方労働の効能! 意外なメリットデメリット!?

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『早朝勤務による生活大改革の実態』よ!

最近、出勤時間を早くして、その分夜の勤務を早く切り上げて、帰宅する所謂『早朝勤務』をする方が目立ちます。昔より『早起きは三文の徳』と言われる通り、こと仕事をする上でも『早起き』や『早朝出勤』は何かとメリットが多い様です。
ほんのちょっと前までは、朝早く出勤するのは年配の会社員や上司の方が目立ち、『朝早い(強い)=年寄り(もっとひどい言い方ですと、じじい化&ばばあ化)』なんて、割とひどい偏見をされたものです。(無論、若者でも真面目に早朝出てるヒトもおられます)
しかしながらここへきて、若年層を中心に朝方勤務の傾向が広がりつつあり、また早朝の勤務に対して前向きに検討(要は手当てを支給するなど)している企業さんもあったりします。おそらくですが昨年にありました大手企業での長時間労働による過労死の事故が、大きく寄与しているコトは否定できないと思いますわ。

そういえばちょい前には、『朝活』なんてのもあったですよね。あれは早朝に出勤するのではなく、『習い事』や『サークル会合』を夜から早朝にシフトしたものでした。

こうしてみますと、一般的社会人達の間でいま、朝の時間帯に何が起こっているのでしょうか?

今日はそんな、今まで辛くかったるいブルー時間帯であるべき『早朝タイム』をクローズアップしたと思います。いつもの様に、細かい数字はヌキ。大雑把にいきます。

以下に列挙するわ。


★『早朝勤務』の実際の出勤時間は、どのくらいなの?

⇒都内の企業のおおよそ50%以上は、始業時間を9時としているみたいです。従いまして定時は9時~17時半(もしくは18時)というトコでしょうか? まあ始業前ギリギリにくる方もいるかもしれませんが、殆どのヒトは始業15分前にタイムカードを押す方が一般的で、少し早めに来るヒトで30分前の8時半出社というのが、一般的なんでしょうか? 『早朝勤務』を実践しているヒトはコレの更に1時間以上前倒しに出勤します。ですので始業前の1~2時間早く出社されるみたいです。従いまして9時が始業時刻の例ですと、7時~7時半には会社のデスクに既にいる計算になります。もっと徹底してる方は、6時台に出社なんて方もいらっしゃりますわね。

⇒そのかわりと言っては何ですが、一般的に月20時間残業する方を例にとれば、17時半の定時終了からおおよそ19時頃まで会社にいる計算になりますよね。(土日休みで、月20営業日として)これを一切やめて、17時半でスッパリ帰ります。要は残業する分を就業時間後から就業時間前に持って行った形になりますね。

実働時間は、残業者と変わらないから、一応理屈としては合っていると思います。


★『早朝勤務』のメリットってなに?

1:交通機関が空いている!
⇒『早朝勤務』を実践すると、おおよそ生活が1時間半~2時間前倒しになります。仮に今まで6時起床だったものが、4時半起きになります。
であれば当然乗る電車やバスも2時間程度早い時刻のを利用するコトになります。なので6時代の電車に乗るのも珍しくありません。
通勤ラッシュのピークが8時代ですから、ものの見事にピークシフトできてるコトになります。まあ、座れるかはどうか判りませんが、痴漢に巻き込まれたり、スマホが見れない程ギュウギュウ詰めに合わなくて済みそうではあります。

2:上司から好感が持たれる!
⇒前述でも書いたとおり、上司や一定の役職以上の方は、既に『早朝出勤』をしている方が多いのではないでしょうか? もしあなたが『早朝出勤』をすれば、当然上司の目に嫌でも留まります。その結果、上司があなたに良い印象を持つのは必然かもしれません。年配の方は特に『朝早く出勤する=仕事に一生懸命』という脳内図式が割りと牽強にあったりします。
また、もし早朝の時間帯に出勤をしているのが上司とあなただけであったら、仕事をしながら交流も深まるのでしょうし、普段みんなの前では出来ない相談も、容易くなる可能性もあります。

3:1日の業務効率が上がる!
⇒一般的な会社員が朝一番にデスクでするコトは、『メールチェック』『書類整理』『予定確認』ですよね? これが意外にめんどくさいわ。一番悩ましいのが始業9時以降には新規メール処理や仕事依頼が前日くりこし業務と重なってしまい、収集つかないうちにあっという間に午前中終了なんてのもあったりします。
この前日くりこし業務と新規業務の天稟が、業務全体を雑な方向に持っていきがちで、結局は自身の評価につながります。一方で『早朝出勤』して事前にある程度簡単な仕事を片付けておくことによって、一日の仕事の流れが大きく好転します。

170212-01.jpg

★『早朝勤務』のデメリットってなに?

1:『早朝出勤手当て』に対してまだまだ緩慢!
⇒『残業』に対しての手当てや賃金においては、多くの企業が取り組んでいるのが目立ちますが、殊更『早出』に対しては殆どが後ろ向きの姿勢ですよね。むしろ賃金評価としては潜在的なサービス業務になってしまっている企業がいたりします。(企業側としては、早朝出社は自己都合的な出社ととらえてるんでしょうね)
ですので、ちゃんとした『時間外手当』(就業時間外の勤務は、総て該当するとしている企業)を支給する会社か、ちゃんと『早朝勤務手当て』がある会社しかあまり賃金的旨みが無いのかもしれません。もしくは、残業代が固定額でついている(みなし残業手当て)職業ならばアリなでしょうね。

2:『早朝勤務』しても『残業』する場合、疲労も半端ない!
⇒あまり好ましくない事態ですが、急に明日の朝までに資料を作らなければならなくなったなど、急遽残業が発生してしまうのは、いた仕方の無いコトかと思います。流石に6時台に出社して21時まで残業は流石に堪えるわ。更に頭にくるのが、急にメールで『本日20時より会議をします』という意味不明な業務命令ですよね。完全に時間外を平気で使おうとしてますよね。(最近では無くなったみたいですが……)こういう残業体質がまだまだ日本には、根強く蔓延っているのは、甚だ遺憾ですわ。

3:夏はともかく冬はきつい!
⇒出勤時、夏は涼しくて助かりますが、冬はかなり根性が必要かもしれません。都内とは言え、5時~6時台に家を出る場合、氷点下かもしくは0度あたりの中を出勤せねばなりません。(まあ、東北や北海道や山間部の方からすれば、0度なんて緩いんでしょうが……)とは言えやはりキツイですよね。

4:光熱費でまれに疎む企業も……
⇒職場によっては、就業規則や光熱費など関係で早朝出勤を嫌がられるケースもあります。また会社が入っているビルの関係上、時間外の入場に制限を設けている場合があります。
こういった場合は、無理に早朝出勤をするとデメリットとなりかねませんので避けたほうが良いでしょう。


こんなトコでしょうか。

一日の疲れが溜まっている夜に残業するよりも、朝早く人が少ない時間帯の方が業務がはかどるというのも理屈としては合ってるわ。『早朝』の時間帯に業務整理や準備を行うことで、その日1日の仕事をスムーズに進める効果もあるのも判っているはずですよね。でも、朝早く出社して仕事をしたからといって、必ずしも早く帰れるという単純な話ではないコトは踏まえた方がイイですわ。

まずはそもそもの仕事の仕方や業務量を見直して、その上で『1日の仕事を効率を上げる為の時間』として、『早朝勤務』をとらえるべきで、
『残業』の免罪符と考えるのは、ちょっとナンセンスなのかもしれないですね。気持ちは判るのですが……。

人と人の好感度は、『第一印象』でほぼほぼ決まっちゃいます。『第一印象』がOKならばある程度の印象が悪くても、何とか人間関係が持ちこたえられます。逆を言えば、『第一印象』が悪ければ、そのあとどう取り繕っても、その人の印象を良くするのは、至難の技なコトだと言えます。

その日その日にもし、早朝の神様がいるとしたら、良き1日を過ごす為にも、朝の『第一印象』は良くしておきたいモノですよね。

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2017-02-12 : ボクの便利技っ! :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。