【ブチキレ!!】 こんなワケでキレちゃうんです-03 『突然の別れ』を告げる彼氏の上手く言えない事情!!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『彼氏が突然別れを告げる理由あれこれ』よ。

順風満帆な折、特に問題もケンカも無かったのに彼氏から告げられた突然の別れ話。自分では彼との交際も順調だと思っていたのに、ある日突然彼から別れを切り出されてしまった……。理由を聞いてもハッキリしない。身に覚えも無い。でも、彼氏の心の中では決意は思いのほか硬く、取りつく島もない時って割とあるモノです。こんな経験をお持ちの方は案外多いのではないでしょうか?

別れ話の理由について、女のコが切り出す別れ話には、明確な理由があり、ちゃんと言葉に出来るコトが多いのですが、男のコが突然言う別れ話には、本当は明確な理由はあるモノの、ちゃんと言葉にしない(出来ない)パターンが多いみたいです。

昨日まで普通にラブラブだったのに、今日はまるでゴミを見るような感じに豹変する極端男子も珍しくありません。こんな理由無き様に見える時限爆弾的な彼氏に、彼女として女のコはどう対処したらイイか考える以前に、頭が真っ白になってしまいますよね?

言われた側にとっては突然の悲劇かと思いますが、切り出した男のコ側は、列記とした時系列的理由があるコトが多々あります。この男のコが理由を言えずに別れを切り出すのは、男性特有の性質がかなり関与しています。

今日はそんな男のコの別れの理由無き理由の暗黒タイマーを、考えてみました。

以下に列挙するわ。


★別れる理由が女々しいと思われてしまいそうだから
⇒男のコというのは、どんな弱々しそうなコでも少なからずプライドがあるモノです。特に殊更相手の女のコよりも『強く』『高く』『大きい』存在でいたいと思いがちです。例えそれがどんな女のコより『弱く』『低く』『小さい』と思われがちなコトは、なるべくなら避けたいし見たくない心理が働き、それがどうしても打開できない時、理由無き別れに繋がるコトが多々あります。特に『セコい』『女々しい』みたいに思われるくらいなら、恋愛関係すら後和算にするコもいたりします。

特に多いのが、彼女の男関係についてから起因があります。更に列挙します。

・『元彼』に、嫉妬してしまっている
⇒女のコの心の中では、既に完結している恋でも、それらを蒸し返して聞いて後悔する男のコが割といます。女のコからすれば「今好きなのは君なのに……」と思うのでしょうけど、「同じコトを昔、元カレにも言ったんだろうな……」的な考えを起こしてしまい、自分の心で折り合いがつかなくて別れを切り出すコトってあるみたいです。挙句にキスをしてもデートをしても料理を作って上げても、昔のカレに同じコトしたんだろうと連想をしてしまい、そうなるともう収拾つかなくなるらしいですわ。
⇒こうやってみるとホント女々しい思考なのですが、女々しいコトも自覚しているから、余計言えないんだと思うわ。もし仮に彼氏から元カレに嫉妬してしまっているコトを相談されたら、元カレは徹底的に否定して下さい。一縷の肯定や同意は、今の恋の破局をもたらすだけです。
また、それを女々しいとか思わないように……、あなたを真剣な裏返しと思って下さいね。

・『男友達』に、嫉妬している
⇒男友達の多い自慢は、絶対にすべきではありません。もしあなたの彼氏が女友達の話ばかりをデートでしてて、楽しいですか? 「うわぁ、あたしのカレって凄~くモテるんだね!」なんて、冷静に思えます? だとしたら貴方はかなり良く出来たコか単なる馬鹿です。稀にヤキモチを焼くと気持ち悪くなる男子もいたりします。そしてそれがそのまま彼女=気持ち悪い という図式になる可能性が割りにあります。
別れの理由を聞いても気持ち悪いの一点張り。男友達にヤキモチ焼いたなんてとても言えません。そもそも言える器量があるなら、焼かないでしょうし……。
とにかく、彼氏相手に自分のリア充自慢しても、何の得もないですよ。

・彼女の『過去』にどん引きしてしまった
⇒これは別れの理由としては割と市民権があったりするわ。『不倫経験アリ』『水商売経験アリ』『ビッチだった(要はヤリマン)』だとかですよね。女のコの中にはこういうの黒歴史を武勇伝と勘違いしているコがいるから、困ったモノです。こういう過去の経験を受け入れられない男のコを、器が小さいとかいう女子がいるけど、それは完全に論点のすり替えですよね。小さい器よりも汚れた器の方が、ダメに決まっているわ。

・『デート代』をちゃんと出して欲しい
⇒稀にですが、彼女の金銭感覚に対して、何も言えず理由無き別れをする男のコがいたりします。特にデートやお出掛けの際、彼氏に全額負担させるのが当たり前と思っているコに多いかと思います。それを言うと、『セコい』『ケチ』呼ばわりされたり、そういう彼女の姿を見ないで別れたいみたいですよね。根本的に自分の分を出さない女子が出してる男子に対して、「セコい」なんて言う資格無いわ。更に言えば払うっていうコもいるケド、言わなきゃ払わなくてイイと思ってるその根性も同じ女としてどうかと思います。

170125-01.jpg

★好きすぎて辛い
⇒相手を好きすぎて仕事や私生活にも集中出来なくなってしまい、連絡が無いと不安に駆られて一人の時間に押し潰されてしまうのは、何も女のコだけに限ったコトではありません。こうなると最早手がつけられません。ほぼ恋愛の過剰アレルギー症状みたいないモノです。男のコの脳内リソースでは、彼女を維持できなくなってしまい「理由は無いけど、少し距離を置こう。別に嫌いになったワケじゃないから……」という言い回しになるんだと思います。ちょっと切ないわね。


★精神的につらく全てをシャットアウト状態
⇒男のコは精神的に追い詰められると、身の回りの全てを自分からシャットアウトしてしまう性質があります。軽い隠遁生活状態や突発性の音信普通状態になるのが、顕著な例ですね。仕事の事で追い詰められたり、彼女のあまりにもひどい言動に耐えかねた時、いきなり連絡を途絶してしまうのです。
⇒男のコには、大なり小なり一匹狼の気質がある様です。何か大きい決断に迫られたり悩んでいる時、男のコは脳内の余計なリソースをシャットアウトして、全身全面で単独の解決を計ろうとします。そんな時は彼女よりも一人になることを優先してしまいます。男のコの多くはこうなったら簡単には心を開いてくれないのでいったん大人しく身を引いたほうが良いでしょう。


★気持ちを言葉にしても無駄と考えている
⇒女のコと比較して男のコは、口数が少ない方が多いですよね。口数が少ないのは言葉で上手に表現することが苦手な事が起因していますし、特に自分の感情を上手に表現できません。また、それに輪を掛けて女のコ側が聞き分けが無さ過ぎると、完全に論議全面降伏。『言っても無駄』『時間の無駄』『体力の無駄』と考えてしまいます。「どうせ、俺が悪いんでしょ? もうイイかな?」的な発言の裏には、こんな闇が隠れていたりします。

・ホントは自分が別れを切り出した理由を考えてほしい
⇒何の理由も告げず別れを切り出す反面、自分が何故別れのカードを切ろうとするのか考えて欲しいし、可能であれば自分から気がついて欲しいなんて考えもあったりします。この手の模範解答を回答できる確率はかなり低いと思うわ。何しろ別れを切り出された女のコ側も、いっぱいいっぱいなんだからね。


こんなトコでしょうか?

根本的に男のコは、溜めやすい傾向にありますよね。女のコは嫌な事があったり腹立たしい事があるとすぐに表情に出たり態度で示してきます。また、ストレスが溜まるとおしゃべりやお買い物などで発散する術を心得ています。
ところが男のコは、嫌な思いや怒りをその場で出さない性質があります。そのため、彼女に抱いている負の感情を上手くガス抜き出来ないのです。このように不満を自分の内に溜めてしまい、ある日キャパを越えた瞬間、突然爆発してしまいます。

男のコ特有の別れのサインもありますが、男のコの別れの兆候はとても分かりづらく察知することが困難な場合もあります。
女のコは「自分の気持ちを相手に理解してほしい」という欲求が大きいので、何かを感じている時言葉や態度で相手に訴えようとしますが、男のコのそれは基本的に自分の気持ちを相手に訴えようとしないので、女のコにとっては理由も無い別れが突然予告無くきた様に感じてしまうのでしょうね。

付き合うのには『理由』は無いけど、別れには必ず『理由』があるモノ……。

別れの理由は、必ず聞いておいた方がイイわ。
例えそれがどんなに残酷な理由でも、きっと貴方の為になるわ。

男性の気質をうまく理解して、感情を吐き出させてあげれるかが、彼女の腕の見せ所ではないかしらね。
スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2017-01-25 : ボクがぶった切る! :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR