スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

【それって拒食系男子なの?】 手を出してこない男の心理! 据え膳食わぬは当たり前なの!?

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『全く手を出してこない男のコ事情』よ。

『男は押しで勝負!』『攻めて攻めて攻めまくる!!』などなど、男たりえるものこうでなきゃ! という定石は今は昔。今の時代こんなコト言おうモノならとんだ時代錯誤者的な扱いを受けますよね。最近では、『草食系男子』や中には『仙人系』『絶食系』など、セックスや性交に淡白な男子が増えてます。
女のコにとって世間がそういう風潮なのは頭では判ってるんですが、すごく気になる彼がいるけど、その彼は二人きりになっても何もしてこなかったり、飲み会で酔った勢いで彼の家に泊まっても心配して介抱してくれるだけで、全く何もしてこないと、流石に自分が女のコとして欠陥があるのかと自己嫌悪してしまいますよね。
そうでなくても、「もしかして異性に興味無いとか?」「そういう対象が同姓なの?」などなど、お目当ての彼のセックスの対象基準を疑ったりして、変な心配してしまいます。

女友達に相談をしても「大事だから手を出してこないんだよ!」的ポジティブ意見と、「気が無いね、諦めなよ!」的ネガティブ意見と、バッサリ真っ二つ。正直どっちなのか混乱するだけだった。なんてよくある話です。

女のコがウエルカム状態なのに仕掛けてこない男のコの行動は、女のコにとってかなり重要な問題なのですよ。見た目には判らない様に平静を装っているけど、かなり気にしてたりするんですよ!(かと言って、露骨におまたを広げるワケにはいかないんです。それはそれで、ドン引きするでしょ!!)(下品な言い方で、スミマセン……)

では、実際に手を出せる状況にも関らず、最後まで求めてこない男のコの心理ってなんでしょうか?

以下に列挙するわ。


★大事な彼女を『じっくり』と攻めていきたい……

⇒男のコの心理には、変な上昇的な思考があって、最後の砦を攻略し続けたい気持ちがあったりします。もう少し判りやすく言いますと、山の頂上を目指すのは好きだが、登頂はあまりしたくない的な気持ちを持つ男子がいたりします。つまり行きつくトコに行き着いたら後は落ちるだけなので、行き着きたくないという心理です。

⇒こういう男のコが持つ女のコに対しての気持ちも同じです。裸が見たい。全部見たい。でも全部見て幻滅したくない。でも見たい。こういう男のコのにとって彼女の裸を見たいのではなく、裸を見たいという状態でいたいという、永遠に走り続けたい的なワケの判らない気持ちがあります。正直この気持ちは女のコには理解しがたい心理で、よく言えば『じっくりなヒト』悪く言えば『女々しいヒト』というコトになってしまうんでしょうか。

まあ、どちらにしても彼女を大事に攻略したいと思ってくれてるんです。ガツガツしてるヒトより全然良いと言うべきかと思いますわ。


★実は彼女を『幻滅』したくない……

⇒セックスをするというコトは、他人には見せない箇所、触らせない箇所、普段にない表情や声や嗅がないニオイなど、彼女の秘密に多く触れるコトになります。更に凄く露骨な言い方をしますと(すみません。かなり直結的に書きます!)、キスをすれば口臭を感じるかもしれません。服を脱がせば彼女のアソコの形を見るコトになります。アソコに顔を埋めれば、アソコのニオイを嗅ぐコトになります。また、別の不浄なアナも見るコトになります。彼女のそういう性的な箇所の露呈に対して全く免疫がないと、そういうトコ見たくない的なブレーキが掛かり、どうしても前に進めずはぐらかしてしまう男のコがいたりします。

⇒また、彼女の妙にセックス対して手際がよい姿も、男のコにとっては凄くショッキングで、潔癖な男のコにとってはそんな彼女の不潔な姿を見たくなかったし、今までの経験とかを想像したくなかったという男のコも珍しくありません。「彼女の今までの経験も含めて好きになるんだよ!」というのは、確かにそうですし考えても仕方の無いコト(彼女だってどうにも出来ないコト)と、頭では判っているものの、心が追いついていかないという男のコは割りといる話です。

男のコは、女のコが想像する以上に想像力があったりします。ウソを付けとは言いませんが、そういう過去を『見せない』『言わない』『感じさせない』のも、恋愛のテクニックではないでしょうか?


★セックスは『ハイリスク&ローリターン』と考えている……

⇒『付き合っても喧嘩や嫉妬、やきもちとか焼きたくない』『迫って誤解されても困る』『恋愛は面倒くさい!』などなど、妙に恋愛に対して達観してしまい悪いトコばかり抽出してしまう独自の恋愛感がセックスを阻害してしまってるケースもあります。

⇒考えてみれば確かにそうですよね。恋愛に成功していれば、今は一人なワケありませんモノね。今がフリーなのは今までの恋愛が失敗もしくは上手くいかなかったと自ら証明しているモノです。とは言え、そう思ってしまう男のコは、確かに正論なのですが何だか切なく見えてしまうのはボクだけでしょうか?

今までのコはどうだか知りませんが、今度も同じとは限りません。男のコの数だけ恋愛感がある様に、相手の数だけ恋愛パターンは存在するモノです。多種多様な女のコがいるにも関らず、結果が同じならば、問題は男のコ側にあると、確率的にはそーじゃありませんか?


★実は『初めて』、もしくは『経験』が少ないコトを悟られたくない……

⇒男のコはどんなヒトでも割りとプライドが高いモノです。特に女のコの前では弱味を見せたがりません。特に一番見せたくないのが、自分の経験の無さです。もし自分が経験が無いのがバレると男のコは女のコが「な~んだ。普段威張ってるくせに、やったコトないんだ……」とか「所詮、童貞坊やじゃん! かわいいの……」と、なぜか馬鹿にされると思っているみたいです。なので過去の経験人数は男のコは女のコのそれを上回ってないと、女のコからコケにされると思ってるヒトが多く、それが露呈されるのを恐れて、踏み出せない男のコがいたりします。

⇒特に男のコにとってイヤな関係性が、女のコは年下で経験豊富。年上の男のコが童貞という状況がバレるのは、是が非でも避けたいみたい。更に初めてじゃなくても、初体験で上手く出来なかったコトを馬鹿にされたのがフラッシュバックされて、どうしても先に進めないコもいたります。こうなると、かなり理解力のある女のコでないと中々男のコをその気にさせるコトは出来ないでしょう。(優しくリードすればイイなんて思わんまい方がイイわ。それ自体、男のコはコケにされてると思う場合があるわ。すごく年上の女性ならアリかもしれないけど、この辺の心理の真髄は、ボクみたいな女のコでは理解出来ない程、デリケートな問題だと思うわ)

でも、実際に判って欲しいのは、童貞や未経験な男のコを馬鹿にする女のコも確かにいますが、全ての女のコがそうとは限りません。女のコは『貴方にとって自分が最初の女か?』だなんて、あまり興味がありません。むしろ『貴方にとって自分が最後の女か?』の方が、大事なのです。

161208-01.jpg

★妙に『素直』すぎて、手を出してこない……

⇒女のコが「イヤ……」と言ったのをホントにイヤだと考えてしまい二度と手を出さない『超素直男子』って結構いますよ。大抵、男のコが「キスしてもいい?」と尋ねると女のコは例え好きな相手でも反射的に「ダメ」と応えます。でも実際は言葉に出したくないだけで、本音はキスして欲しいと思っているコトが大半なのですが、このような女心の二面性を理解していないので、恋愛の駆け引きや冗談で突っぱねる様なコトを言ってしまうと、二度と手を出さなくなってしまう可能性があります。後になって恐る恐る「キスとかしないの……?」と聞いても「え、だってイヤがったじゃん! イヤがるコトはしないよ」「そんなつもりじゃないのに……」と、妙な正論がまかり通り、正論なだけに何とも痛し痒しなモヤッと感が残りますよね。

デートの誘いがあった時に「ふたりきりだからって、変なコトしないでね」なんて、釘を刺してしまうと誠実すぎる男のコは素直に何もしなくなるし、プライドが高い男のコだと「頼まれてもしねぇよ!」と貴方を拒食対象になってしまうから、気をつけた方がイイわ。


★『女』として見れない……

⇒知り合ってから付き合うまでの期間が長かったり、ずっと友達同士でいた場合、付き合ってからもお友達感覚が強烈にあってしまい、あまり異性として見ることが出来ずにいる場合があります。仲のいい異性の友達も時と場合によるというモノですね。

⇒これはある統計ですが、女のコは異性の友達から彼氏に発展するコトはあっても、男のコの場合、一度友達フラグが立つと、もはや異性的な目では見るコトが出来ず、友達から彼女へ昇格するコトは稀みたいです。

であれば、普段とは違う女性的な一面を見せるコトが、彼に『女』として再認識してもらう必要があります。まずは『言葉遣い』や『お化粧』『服装』などを一新するのが肝要なのかもしれません。女性再構築よね。


★近すぎていつでも『できるし』と思われてる……

⇒男のコは意外に危機感が無いと動かないコトが多いわ。特に容易にふたりきりになれる機会が多い場合がこのケースね。特に同じ職場とかしょっちゅう会える距離にいるという関係の場合、男のコはワザワザ危険なリスク犯す確率はぐんと低くなる。「どうせいつかはチャンスは、来るし……」と、男のコ達が考えているうちは、『いつかのその機会』は、知らず知らずのうちに先延ばしにされてるのが現状ですよね。

この男のコ特有のそばにいると安心しきってしまう心理は、いつでも会える感を打ち消す意外にありません。期間限定品となると目の色を変えて欲しくなるのは、モノでもヒトでも同じなのかもしれないわ。


こんなトコかしら。

今日は、かなりエグい言葉の連続で、すみませんでした。またその他にも、『ちゃんとれっきとした彼女さんがいる』とか『やった瞬間から彼女ヅラされたくない』や『仕事に疲れているから……』などなど、あまり女のコにとって有益な事情でないコトは確かですね。また、男のコがそういう場面でも女のコに手を出さない理由の殆どが、女のコを抱くコトで得られる『リターン』よりも、女のコを抱くコトで発生する『リスク』が上回ってると考えてるからという印象が強いですよね。

確かにあまり気を利かせられない女のコにも原因があるかもしれないけど、あまりに閉塞感の多い男のコもどうかと思いますが、皆さんのまわりのコはどんなでしょうか?

お互いに歩み寄るコトがとても大事なのは、判ってるんですけどね。
たまには女のコから「抱いて……」のひと言をいえれば、イイのですが、
自分の気持ちを判って欲しいレベル以上に、判ってもらいたいと思うのは、我侭と判っているつもりでも、やっぱり判らないのよね。

最初はどちらから言い寄ったかなんて、後々どうでもイイコトなのにね……。


スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-12-08 : ボクの少しエッチなお話 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。