スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

【みんなでのりこえよう!】 色んな不安障害-02 着信あると恐怖! 着信ないと不安! 着信あるかもと思うと安らげない! 『電話』に関する恐怖症の実態!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『電話に関する恐怖症の実態』よ。

最近多くなってきてる近代的な不安障害のひとつとして、『電話』に関する強迫障害です。携帯電話とインターネットの普及でボク達の生活は、恐ろしいまでに様変わりしました。いつでも必要な情報を手元で検索できて、いつでも電話で通話できて、いつでも相手に文章を飛ばせる。ほんの15年くらい前は、『必要な情報を取得=図書館に足を運ぶ。本屋を巡る』『電話する=公衆電話か家電話か職場の電話で掛ける。無論相手がそこに居ればの話』『文章を送る=FAXか手紙か即なら電報か……。返事を貰うのにほぼ1日は掛かる』という様な今では面倒くさいコトを普通だと思ってました。
このいつでも『見れる』『話せる』『送れる』という便利な機能の黒い一面は、逆作用として不安障害を引き起こしているコトもあります。

今日はそんな便利の裏側で、意外に広く蔓延っている『社会不安障害』と『強迫性障害』に光をあててみました。
今回は、『電話』に関する不安障害です。

以下に列挙します。


★鳴るだけで吐き気がする! 『電話恐怖症』の実態!

⇒正直、会社で業務中に電話が鳴った時、自分が出れる状態であったにも関わらず「誰か出てくれないかな……」と考えたコトありませんか? また、急に別件で離席を装ったり、自分の携帯をサッと取り出して話中の振りしたり、とにかくその電話が取れない公的理由を演じたコトありませんか? これが「ああ、鬱陶しい!!」「面倒くさい!!」「忙しいからシカト!」というレベルなら、業務意識の良し悪しはともかく恐怖症ではないのですが、電話が鳴ると「怖い……」「震える……」「気持ち悪い……」というレベルまでなりますと、これはれっきとした不安障害の可能性があります。


★電話に対する恐怖は、大きく分けると2種類の恐怖感に分類できます。

・相手が何を言い出すか判らないから怖いという不安……

⇒電話が苦手だと思うヒトの多くは、顔が見えない相手から次にどんな言葉が返ってくるか想定できず、不安が先に立ってしまうのが多くあります。「適切な対応しなければ!」「重要なお客だと、怒らせるとマズい!」「トラブルやクレームだったら……」などなど、電話が鳴る度にマイナス要素ばかり頭の中でおこり、どうしても電話の出を躊躇してしまう。
でも、考えてみてください。会社に掛かってくる電話の99%は、『報告』『連絡』『相談』『確認』『注文』『依頼』『説明』『問い合わせ』『クレーム』『トラブル』などなど、少々めんどくさいコトばかりなんですよ。逆を取ればだから貴方の仕事が成り立ってると思うしかないわ。『謝礼』『謝罪』『ご挨拶』『世間話』とか、そんな前向きな事案の電話がそんなにバンバン掛かってくるワケないと思います。(謝礼とかは、メールにて送付するのが、一般的みたいだし)
バッサリと言わせて貰うと、これらのプレッシャーを克服する方法は無いと思いますわ。その緊張の中で仕事で成果出すしかないのかもしれないわ。
⇒但し克服する方法は無くても、緩和する方法が無い訳でもないわ。ちょっと行儀が悪いケド、手にボール見たいなモノ(大きさは、そうねゴルフボールくらいですかね)を2個握り、手の中でコロコロ転がしてると、割と緊張が緩和される。電話の緊張をはぐらかすのに、手の中で何かをいじるのは割りと有効な手段みたいです。電話の最中、紙に無駄な意味の無い落書きをしたり、ボールペンをカチャカチャ出し入れしたりするのは、電話の緊張を和らげようとしているというのを聞いたコトがあるわ。別に相手に見られてるワケではないので、大いに利用すべきかと思います。

・周りに聞かれてどう思われてるか判らないから怖いという不安……

⇒職場に限ったコトですが、電話をしている時に周りの人から話の内容を聞かれている様に感じてしまい思うように話せなくなってしまうというのがあります。それにより極度に緊張したり、ぎこちなくなったり、ヒトがいない時を見計らって電話をしたり、階段の踊り場や会議室へ移動して携帯から掛けなおしてしまう業務効率を悪くする行動ですね。これらの殆どの原因は、電話の対応に過干渉してくる上司や先輩が原因であるのも少なくありません。そばで聞いて部下の電話対応に横からクレームをつけたり、独善的な模範解答を強制したり、部下の電話の対応をかえって阻害しているケースもあります。これは正直言って良い指導ではありません。耳はふたつありますが、処理してる頭はひとつしかありません。電話応対というタスクに対し、横から上司対応のタスクを割り込ますなんて、指導としてはナンセンスも甚だしいです。どうしてもその場で対応を改善したければ、紙に『確認、折り返し』程度書いて、サッと渡すべきです。
只ですら精神的リソースを費やして電話対応しているのに横からゴチャゴチャ言ってきてますます電話に集中出来ない状況を煽り立てておいて、「まったく、お前はヒトの話を良く聞かないからダメなんだ!」なんて言うのは、バカな上司や先輩の典型ですよね。

これらの緊張はするのは仕方の無いコト。自分なりの緩和方法を見つけるしかないわ。どうしても無理であれば、電話連絡を必要としない仕事を探すべき。
唯一の克服する方法が、離職や転職と言いたいトコですが、この世界に『電話』を全く必要としない仕事を探すのは、その数万倍以上大変なコトなのかもしれません。


★電話が鳴らないとかえって不安。『着信無し不安』の実態!

⇒この不安は、特に仕事ではなくプライベートにおいて多くある不安かと思います。特にスマホ依存症の兆候にあるヒトが多くみられるみたいですね。1日中電話が鳴らないと「自分は不要な存在」、折り返しが掛かってこないと「みんなでシカトされてる」「相手に嫌われてる」「軽く見られてる」などなど、また自営業のヒトだと「もう仕事が来ないんじゃ……」なって、鳴って然るべき電話が鳴らないとかえって不安になってしまう強迫障害です。
上記の事案とは間逆ですね。電話があったらあったで「自分にばかり……」「他のヒトに言ってよ」なんて思い、無ければ無いで疎外感と被害妄想を起こすし、こうやって見ると『電話恐怖症』って、少々面倒くさい障害ですよね。
⇒特に女のコが彼氏からの連絡がないと、どうしようもなく不安に駆られるみたいです。特に男のコは、女のコと喧嘩をすると事態を整理整頓する為に、『音信不通』的な処理をしたりします。こういう時はいくら連絡を畳みかけても徒労に終ります。カレも落ち着こうとしているなら貴方も落ち着きましょう。

■参考:2016年6月6日記事:音信不通って恋愛テクなの!? (連絡しない意思表示!?)

携帯やスマホは、すぐに手軽に連絡できるから、相手も同じと思いがち。いくら環境が整っていても、最終的に掛けるのは本人の意思。自分が暇だからと言って、相手も暇。自分が忙しいからと言って、相手も忙しい。という訳ではないコトを、判っているつもりかもしれないケド、あらためて再度認識する必要があるのかもしれません。

161009-01.jpg

★気が休まらない! 電源切りたい! 『休日業務着信不安』の実態!

⇒休日だろうがプライベートだろうが業務時間外だろうが、おかまい無しに仕事の電話が掛かってきて、身体は休んでいても精神的に全く休めない。食事をしていてもトイレやお風呂に入っていても旅行中にさえも、『顧客』『上司』『社員』『部下』から、電話やメールが飛んできて、とても気が休まらない。まるで24時間365日ずっと、業務拘束されている感じでいっぱいのヒトがいます。
かと言って、シカトや無視をすると、休み明けとんでもない事態になってたらと思うと強烈な強迫感に襲われ、嫌がおうにも出ざるをえない。携帯電話という利便性の裏で、この様な悩みを抱える方が割りとたくさんいらっしゃいます。特に『営業』や『サービス業』の方が多く抱えており、顧客の対応を疎かにして、相手が臍を曲げて受発注に(数字、成績に)影響させたくないという思いがあるみたいです。

この原因は、お互いの配慮不足です。
まず『掛ける側』は、ほんの2~3分の会話とお思いですけど、受話する側は精神的負担は想像以上と考えて下さい。ちょっと穿った例えですが、寝ている時に不意にいたずら電話が入るかもと言われて、熟睡できますか? そういう電話はまず無いだろうという前提があって始めて気が休まるというモノです。休日も同じです。数分の電話とは言え、掛かってくるかもという精神的負担をよく理解するコトです。ましてや「後でまた掛けてもらえますか?」なんてお願いするのは、野暮もイイところです。貴方の業務に今対応させて、また後で対応させるのですか? その間の休暇時間、潰すおつもりですか? 数分の対応の後、数時間のトキを開けて数分対応。なのでたかだか数分+数分の対応と思ってますか? だとしたら、完全に貴方はおかしいヒトです。
更に『受ける側』ですが、そんなにイヤなら電源切るべきです。完全にシカトすべきです。気になって仕方ないなら、会社に置いとくなり、鞄に入れっぱなしに放置するなり、徹底すべきです。出ると思うから相手も掛けてしまうのはある程度想定して下さい。『電源切る度胸もない』『無視をする器量も無い』『放置もできない』で、掛かってくるから困るというのもナンセンスです。ただ単にOnOffの切り替えが出来ないだけじゃないでしょうか? 
更の更に『会社側』ですが、休日に電話しておいて相手が電話でないのを咎めるのは、ナンセンスを通り越して完全な労働基準の違反につながります。「しっかり仕事をしろ」と部下に言う前に「しっかり休ませろ」と思います。仕事の徹底を旨とすべきなら『就業時間外には業務対応をさせない』も徹底させたら如何ですか? 「ふいに緊急連絡があるかもしれんから、出れる体制でいてくれ」とか、「いつでも電源は入れておいてくれ」とか、それって『休暇』でなくて『待機』ですよ。それらを強制や強要している上司の方、判ってらっしゃいますか?

業務の管理の半分は、休日休暇の管理だと思います。もし休日の付与が行き届いてないとすれば、業務の半分を管理出来てないダメ企業となるわね。上司による携帯への頻繁な連絡は、行き過ぎると『ハラスメント』になる恐れもあります。もうすぐ、『ストレスチェック』が始まります。今の内に是正すべきかと思います。


こんなトコでしょうか。

『パソコン』『携帯電話』『スマホ』などなど、業務環境は高度に効率化しコミュニケーションの手段は便利になる一方なのに、全く仕事が楽になっている気がしないのは何故なんでしょうか? 
電話が出来る分、電話が怖くなった。メールが送れる分、漢字が書けなくなった。すぐに検索出来る分、覚えなくなった。
出来るコトが増えているハズなのに、出来ないコトが多くなってしまった。であればコミュニケーションが多く出来る分、人は人と話せなくなっていく。言語ツールの拡大が言語の損失を促すというのは、なんて皮肉なコトなんでしょうね。

機械を生み出した人間は立派で偉大だけど、機械に取って変わられる人間は愚かで惰弱だわ。
そうにはならない様に、したいモノですよね。
スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-10-09 : ボクのあるある話 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。