【とりあえず信じるな!】 会社に蔓延るブラック用語!! 信用できないビジネス用語一覧!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『信用すると痛い目をみるビジネス用語』よ。

ビジネスを円滑のする上で、微妙な言い回し、どうとでも取れる言い方って必要なのは判るけど、どっぷりと安心してしまうと後になって痛い目を見るコトってありますよね? 
かと言って100%「~だ!」って言い切るとカドが立つし、真っ向から否定しても今度は怠慢やサボってる感を出すのも問題アリですよね。そんな時つい使ってしまうグレーな言い回しって、ズルいと思う反面、必要悪の様にも思えます。

今日は、そんなビジネスロケーションにおける『信用できない言葉』を集めてみました。新入社員の皆々様には、こんな返事がきたら、「思ったよりもやてくれない」と思う方が、身の為ですよ。

以下に列挙します。

★「何かあったらフォローするよ」
⇒信用できない上司や先輩のの常套句と言っても過言じゃありません。新人の担当変えや引継ぎの時に、「困っているようにみえたら、いつでもフォローするから大丈夫だよ」なって言われても、思った以上にやってはくれないから、警戒した方がイイわ。言われた側は、『小まめに見てくれて手を差し伸べてくれる』と思いがちですが、実際には放置の一歩手前程度。口は出すけど手は出さないくらいの『大したことをしてくれるとは思えない、気休めの言葉』と、とらえるべきですね。
⇒そもそもホントにただ足りないところや不十分なところをあとから補う意思があり、それなりに責任をもって対処する取り組みを考えてるなら、『フォローする』とは言わず『カバーする』と言うはずです。そもそもこのフォローとカバーの違いを明確に出来るヒトが少ない様です。例えばスポーツにおけるフォローは、補い(おぎない)助け合うコト。カバーは、手薄な所を助けるコトとあります。大きな違いは、助ける側の判断で補うか、判断以前にその穴を埋めるかによります。この2者、同じようでかなり違います。フォローの場合、助ける側の主観的判断で配置行動が伴うのですが、カバーの場合、客観的にその場所に既に配置されてるコトの違いがあります。
⇒ビジネスにおけるフォローとカバーもほぼ同じです。主観的バックアップと客観的バックアップ。殆どの上司や先輩は、フォローを『何かあった時に、遠隔的にアドバイスする』程度と考えてます。もし貴方の穴を埋めるなら客観的にみても共同で作業してる様に思える『ココは私がカーする』と、いうハズですよ。

★「前向きに検討します」
⇒「考えておきます」「上長に相談します」と同様に、「そのうち行います」的発言で、「そのうち」が来たためしはありません。これは「何もしません」をかなり遠まわしに言ってるのと同じです。ビジネスシーンでは、営業や面接のシーンでこういう言葉が往々任して飛び交います。そもそもホントの一流のビジネスマンは、0秒的思考を持ってます。『できるコトは、できる』『できないコトは、できない』 と、即断即決できっぱりと言い切ります。そのくらいブレない確固たる思考回路を持ってるモノです。もしそういうヒトがホントに選択で悩んで検討したいとしてるなら、判断出来ない理由を述べられるハズです。「この部分とこの部分が、どちらにしたらイイかわからない」「ココで悩んでる。何か打開策はないか?」など、ホントに前向きならこのような検討理由が存在してるモノです。一流のビジネスマンが、ホンキで悩んでる時は悩む理由にも明瞭な意思があるのです。
⇒そんな理由もなく「前向きに検討」なんて、ありえません。もしそんな兆候がある相手であれば、「前向きに検討であれば、検討課題は何でしょうか?」って、聞いてみては如何でしょうか? 言えなければ、その方はかなり無能な担当者か単なる人払いでの言葉と判断した方がイイわ。
是非、前向きに検討してみて下さい。

160331-01.jpg

★「WinWinの関係です」
⇒ビジネスにおける「ウインウインの関係になれるかと思います」というのは、サービスを提供や提携しあっているもの同士が、相互に利益やメリットを享受し、円満な関係で良い結果を得るコトでしょうか? 例えて言うならば簡単な事例がこういうコトです。『国語が苦手で算数が得意なA君と算数が得意で国語が苦手なB君が、共同で宿題にあたる』これによりお互いの得意分野と不得意分野がそれぞれカバーしあい宿題の時間短縮に大きく貢献するというコトです。
⇒ココで大事なのが、ビジネスでもお互いの苦手な分野の穴を補いあい『自分も得して、相手も得する』というコトです。一歩間違えば、相手だけ得して終わってしまう場合も考えられます。その為に必要なのは、強い『信頼関係』です。『信頼関係』を築くにはまずは、『相互理解』です。『WinWinの関係』って、どちらかの都合だけで突っ走ると、一気に瓦解してしまうかなりもろい関係という側面があるコトを忘れてはなりません。

★「鋭意、努力します」
⇒「精一杯、頑張ります」「懸命に取り組んでます」などなど、精神論的言い回しは確かに甘美な表現だけど、会議やビジネスシーンではあまり使わない方がイイですし、言われた方も具体的な報告も聞かずに納得しない方がイイですわ。特に日本人が「努力はします」という言葉を使う場合、「やるだけはやるけど、成果はわからないよ」というニュアンスがかなり強固にありますよね。でも、ビジネスシーンでは、『やってみないと判らない』でも『確認する時間的余裕もない』というコトが多すぎますよね。
⇒こういう精神論的言葉が出るコトで安堵してしまうボク達日本のビジネス界は、実は目に見えない大きな病に冒されてるのではないかと、ちょっと心配してしまいます。

★「当社比で10%アップというデータが出てます」
⇒商品や製品の性能やスペックアップをPRする時に、カタログデータとして記載したり、前年度対比の成果よりポジティブな発言としてよく耳にするけど、ホントに信用していいのかしら? ホントに成果対比をするのであれば、第三者機関に測定を依頼するのが筋なんですけど……。サッカーだって国際試合の時、審判は対戦国の審判を出さないわよね? だから『当社比』というデータとは、仮に第三者測定をして違う結果が出ても、「当社独自の計測でしたので……」という免罪符的な言い訳をはらんでますというデータ提出というコトですよね? 
信じる信じないは、アナタしだい。

こんなトコでしょうか?

仕事中にこのような言葉と必ずぶつかるのが、日本のビジネスの特徴です。
物事に明確に白黒つけられれば、こんなに楽なコトは無いのでしょうが、中々グレーゾーンから脱却できないのが、痛し痒しという所でしょう。

要は、直面したアナタがどの様に捕らえるかであって、言われる言われないが問題ではないのです!!
必ずとは言い切れませんので、あくまでも参考程度に……。

おや?

『あくまでも参考程度に留めて下さい』って……、
これも、信用しない方がイイ言葉として、よく聞くわね……。
スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-03-31 : ボクのあるある話 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR