【それを言っちゃおしまいね!?】 言ってしまいがちな『NGワード』-01 『中学生』のやる気を奪うNGワード!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『つい言ってしまいがちなNGワード-中学生編』よ。

最近、何かと話題になっている中学生。この大人とも取れるし子供とも取れる微妙な時期は、非常に扱い辛い存在ですね。そんな岐路に立たされた子供達の為に発した言葉が、実は逆に子供の気持ちを萎えさせてしまう場合もあります。大概そういう言葉の裏腹には、『過剰な心配や焦り』『過度の期待や成果』など、『子供の為』というよりかは、言った本人である『親自身の為』の要素が少なからずあると思います。

いちいち言いたい気持ちも判るけど、ボク達大人が発信するメッセージひとつで、その後のそのコの人生を大きく変えるコトもあるはず。
ココはひとつ、言う立場であるボク達が、当時を振り返りこんな言葉を言われて辛かったのを思い出してみましょうよ!

今回のテーマはこう言い換えてもいいですね。
『中学の頃、親から言われて気持ちが萎えた言葉』

以下に列挙するわ。


★1:「早く勉強しなさい!!」

⇒まあ、大概のヒトは、親から必ずと言ってイイほど、言われた言葉ですよね? いつの時代でも子供のやる気を削ぐ言葉の代表格と言っていい。そう言われて勉強するワケが無いし、した所で頭にちゃんと入るワケでもなし。それでもボク達大人は、どーしても言ってしまいます。

親「早く勉強しなさい!」
子「今やろうと思ってたんだよ!」
親「今やる今やるって、いつやるの?」
子「わかったよ! やるよやるよ! やればイイんでしょ!? っさいな!!」
親「じゃあ、そんな気持ちでやっても意味ないじゃない!」
子「やれって言ったのは、お母さんでしょ?」
親「そんなんだったらやらなくてイイわよ! ずっと遊んでなさい!!」
子「はあ? やればイイの? やらなくてイイの? どっちなの!?」

……ま、多少の差異はあるとして、こんなトコかしら? いかにもありそうなベタなやり取りね。
冷静に考えれば、子供達は『早く勉強をしなければならない』というコトが判らないワケじゃない。むしろ勉強しなければならないコトくらい自分自身が一番承知しているハズ。だから言われれば、「わかっているよ!!」という言葉がつい出てしまうものです。

ではココで、『勉強』を『ダイエット』に置き換えてみようかしら?

最近太り気味のお母さんに、子供がこう言いました。
子「早くジョギングしてきなよ!」
親「今行こうと思ってたのよ!」
子「今やる今やるって、いつやるの?」
親「わかったわよ! 行きますよ! 行けばイイんでしょ!?」
子「そんな気持ちでやっても、意味ないじゃない?」
親「やれって言ったのは、あんたでしょ?」
子「そんなんだったらやらなくてイイんじゃない! ブクブク太りなよ!」
親「はあ? やればイイの? やらなくてイイの? どっちなの!?」
恐ろしいほど、型にハマったわね。

ココで大事なのは、勉強もダイエットも人にとって(人生にとって)有益な行動であるコトを双方は理解しています。

でも頭で判っていても行動に移せないコトなんて、いっぱいあちますよね?
ではなんですぐに行動に移せないんでしょう?

それは、行動に対して成果がすぐに出ないから。

勉強もダイエットもやったらすぐ成果が現れるモノではなく、日々の積み上げを繰り返してようやく得られるモノなのです。だから続かないのです。
それを続けさせるには、『いたわり』と『ねぎらい』じゃないかな?

ダイエットだって、ウソでもイイから「痩せた?」って言われれば、前向きに続けられるように、勉強も同じじゃないかしら? やったらやったでちゃんと「ご苦労様」「よくやったわね」的な言葉を投げかけると、違った結果が得られるんじゃないかしら?

怒ったって、痩せないじゃない?
なら怒ったって成績上がらないのは、自分も良く判ってるハズよね?


★2:「このくらい出来て当然よ!」

⇒子供の世界には大人よりも顕著に能力水準の優劣が顕著に見えるモノです。例えば、社会人1年生と社会人2年生の違いってそんなに顕著にボーダーが引かれてるワケではないけど、中学校1年生と2年生では出来て当たり前なコトって、かなりみえる化していると思います。

で当然、親は子供にその学年に見合った能力を少なからず期待しています。「中学2年なんだから、英語はココが出来て当たり前」のように、『期待通り=出来て当たり前』的な感覚は、子供はやる気を無くすコトはあっても次も頑張ろうという気にはなりません。

大人の行動に置き換えてみましょうか? もし子供から「親なのだから、ご飯を作るのも洗濯をするのも当たり前」「会社に入って15年でしょ? 一般的にはこの位の年収があるべきだよね?」なんて言われて、子供の為に頑張ろうって気持ちになるのかしら?

子供だって同じでしょ?
例えそれが自分の役割としての行為であっても、周りの人から努力を認められてこそ、「次もがんばろう」「もっと喜んでもらいたい」といった気持ちが沸くものじゃないかしら?

大人のボク達ですら、そーなのだから、感受性の高い子供なんて余計そーなんじゃないかしら?

断言してもイイわ。親の評価が、子供には学校の評価よりも大きな影響力を持つ! 仮に中間テストがあって、子供の点数が30点だったとしましょう。
あなたは、取れなかった70点を咎めてないですか?
まず、取れた30点を褒めるべきじゃなかしら?
それから残りの部分をどうするか考えさせるべき。
でないと子供は、『何やっても喜んでくれないヒト』『100点以外認めてくれないヒト』と、親を位置づけていまいます。
ココで親に質問です。
子供は一体何点取ればイイのですか?
100点ならイイのですか?

言ってるあなた自身が、コレに答えられないなら、言われた子供はもっと判らないわよ。

ではもうひとつ質問。
あなたは、中学の時、何回100点取れたのですか?

151022-01.jpg

★3:「他のコはもっと頑張ってるよ!!」

⇒つい自分の子を他の家の子と比べてしまう気持ちは判らないでもないです。ヒトは比較対象があって初めて目標成立するコトが多いし、そうしないと平均的水準を理解できないのは判るとして、それでも他の子を引き合いに出し、それを子どもに伝えるのはNGです。子どもなりにがんばっているのに、友達を引き合いに出されてお尻を叩かれるのは、正直気分が悪いわ。

もし子供が、隣の家が海外旅行行ったのを羨ましがったり、すっごい美人な友達のお母さんとあなたを比べられたら、どー思います?

人様は人様と判っているなら、ヒトの子はヒトの子じゃないかしら?

子供はひとりひとり『能力』『個性』『環境』『境遇』『性格』『得手不得手』が異なるので、「○○さんちのコみたいにがんばりなさい」と言われても、意味がないしふてくされるだけですよ。ひどいコトになると、「向こうは親が優秀なんだ! 産んだ親が悪いんだ」など、不毛な言い争いに発展しかねない。

誰かと比較するのではなく、あくまでも自分の子を軸にして評価をすゆのがベスト。

こんなトコかしら?

他にも「あれほど言ったはずよね!」や「お父さんみたにになるわよ!」とか「どうせ何回言ってもムダでしょ?」などなど、まだまだ出て来そうですね。これらのNGワードに共通して言えるのは、『自分の失敗を子供にはして欲しくない』的な、警鐘的な気持ちの顕われなのが、一番の理由なのかしら?
確かに親の言うコトを1かた100まで守れば、失敗もしないし安全安心なのかもしれない。
でも裏を返すと「私の言うことに従ってればイイの!!」という強制強要にも受け取れます。

物事、『成功』からよりも『失敗』から学ぶコトの方が多いハズ。

親は子供の為を思い親心から、色んなメッセージを発信するわ。でもそうしたメッセージを何度も受け取るうちに、自分で考えたり決めたりするコトが出来なくなり、失敗を恐れて全てが『親まかせ』になってしまうかもしれないわ。

自分の子が、何も出来ない子になっちゃってイイの?
ちょっと極論だけど、親は子供より先にこの世を去るわ。
何も出来ないから、あなたの子供が棺桶の中までついてきたら、どーするの?
『親』の使命って、何かしら?
子供を『親』にするコトじゃないかしら?

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2015-10-22 : ボクのあるある話 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR