【これって必要?】 会社の無駄な風習-06 会社大好き仕事大好き精神論? 『ハングリー精神』って、ボクそんなにお腹へってません!

皆々様、お早うございます。

今日も宜しくお願いします。
今日は会社の悪の風習、 『精神論』をディスろうと思うわ。

ボクはハッキリ言って『精神論』が、大嫌いです。
確かにこの世の中には、『意地』『根性』『魂』『気合』『オーラ』など、それらの潜在量がモチベーションに大きく影響させ、予想以上の結果が出ることは稀にあります。
でも、それは出来て偶然、出来なくて当然の中でたまたま発生した特記事項。簡単にいえば、まぐれや奇跡に近いこと。逆をとれば、データには全くならない事象ですよね。
ボクが思うに精神論とは、そもそも自分が自分に言い聞かせる時に必要であって、他人や当事者以外が、いうコトではないという位置付けです。

なので、精神論は常に必要悪。
不要に越したことはない。でも無いのも無いで困ったコトになる。けど、そればかりでも尚終悪い。
……とまあ、何とも歯切れの悪い立ち居地せすよね。

ただ、会社での精神論は、正直同意できないモノが多数あるわ。
列挙するわ。


★会議における、『来月こそ、頑張ります!!』は、意味の無い同意。

⇒そもそも、来月頑張りますというコト自体間違え。穿った見方をすれば、「じゃあ、今月は頑張ってないの?」という捉え方をしてしまいます。それにもし頑張ってない自覚があり、襟を正そうと自らを本当にふるいたたせてると言うのならば、『来月こそ、頑張ります!!』じゃなくて、『今から頑張ります!!』じゃないでしょうか?

⇒根本的にこの言葉に自己満足している上司がバカなのですね。ボクが時々会社の会議でまじめに内容メモしてると、最終的な落としどころが、『来月こそ、頑張ります!!』という言葉を引き出して終了なコトが多い。
 目標未達成営業社員の原因を吊るし上げて、過去の栄光自慢と根性論の叱咤激励。
 会議の報告内容が、上司を自己満足させる材料の模索会になってないでしょうか?

そりゃあ、毎回こんな会議をやってれば、成果が出るワケが無いですわ。

経営者が、一生懸命なのは判るわ。社員に、しっかり働いてもらいたい気持ちも判る。会社の業績が上がれば、待遇も良くしてあげられる。だから社員にとってもプラスなのは判る。だから、一緒に頑張って欲しいという気持ちが根底にあるのも判るわ。

でも、それを現実化させる具体的な指導がないと、やっぱりダメだと思う。

だから、経営者や社長が一生懸命になっても伝わらない。
 
 こんなに一生懸命指導しているのに、頑張ってくれない。
 ↓
 更に、精神論が多くなる。
 ↓
 また、結果が出ない。
 ↓
 経営者や社長が一生懸命になっても伝わらない。

もはや、悪のスパイラルね。

まずは、会議の目的を明確化して下さい!
『情報交換』=一同に会することで意思や情報を一気に伝える。そして差異が無いか確認する。
『意見交換』=新しいアイデア、懸案事項を出して、皆の意見を聞き確認する。
『方法、手段、企画の決定』=決定事項を実際の営業活動に反映させる。

会議なんて、上記3件で十分ですよ。
会議は、何かを失うトコではないわ。何かを得る所です!
一生懸命やってるか?、気合が入ってるか?、やる気があるか?、そんなもの確認する必要ない。もし該当するスタッフが目に付くなら、それこそ上司が対面指導すればイイ。
わざわざ会議の皆の前でやる必要ないわ。


★会社に都合のいい無賃労働の理由に『精神論』を使うのは、止めたほうがイイ。

⇒早出、残業、休日労働、確かに人が一生懸命働く姿は、美しくそして素晴らしいコトだと思います。でも、それは個人の内側から自然発生したモノがそうであって、外からあて付けられたり強要されたその姿は、むしろ醜く見えてしまうわ。
 例えとして言うのはちょっと外れてるかもしれないケド、美容整形をしすぎた顔が不自然過ぎて白々しくて全然綺麗に見えない。あの感覚に近いですわね。

⇒日本人には、長時間労働や休日出勤を評価する誤った精神論が存在します。しかもそこに対価がともわないと、会社への愛社精神のバロメーター化しているのです。よくメンヘラ女が、「私を愛してるなら、証明して!」的な発言をする時があるわ。
 この台詞の『私』の部分を『わが社』に置き換えて読めばイイわ。
 異常よね。

⇒では何故日本は、早出、残業、休日出勤が多いのでしょうか? おそらくですが、日本の労働慣行の殆どが高度成長期の終身雇用的年功序列体制が原因とされてる。簡単いうと、古臭い慣例の都合のよいトコだけ使われてるというコトですね。いわば会社における上司と部下は、終身雇用体制においては家族みたいなもので、血族的な愛を会社の内部に取り入れた何とも日本的な愛情の形の様ですね。

なので、上司より先に帰ると咎が出るような空気が自然に醸成されてしまう、いわゆる上司の付き合い残業が発生する。
(そりゃ、親が掃除していると、ゴロゴロ寝転んでるのは気が引けるモノね)

以前会社で、こんなコトがあった。
定時を過ぎて会議から戻ってきた上司が、部下がいない事に気がついて「あいつはどこへ行ったんだ?」と聞かれたんで、「帰ったんじゃないですか?」と普通に言ったら、「何で帰るんだ?」ってキレてたわ。
バカじゃないかしら? 定時に帰って何が悪いのかしら?
ボクも次の瞬間、ほっといてとっとと帰ったけど……。

その残業は有意有用性があるか、良く確認して!
確かに業務の都合でどうしても定時以内に終わらないコトだってある。だから残業の全てが悪いとは言わないけど、それを会社への愛社精神と考えるのは、ちょっと歪んだ評価体制です。その理屈が正しければ、生活破綻者が住むトコも無いから、終日事務所で寝泊まりしてれば、優秀な社員なのでしょうか?
違うわよね!

長時間労働で他の先進国と同じ成果なら、日本の労働における生産性は著しく悪いことに気がついて欲しい。


★精神論からくる異常行動は、即刻止めるべき!
⇒『社歌合唱』『会社体操』『社訓唱和』『発声練習』『全員の前での宣誓』『笑顔の強制』『素手での会社掃除』『素手での社長銅像掃除』『素手での便所掃除』などなど、一部の会社には、奇妙奇天烈な社訓、奇々怪々な慣習、珍妙なルール、をいまだ挙行されている変体企業が存在する。
 これらは冗談だと思ってしまいそうだけど、実際に一部の変体企業が現在でもしている慣例の一部です。もはや、会社としての組織行動をかなり逸脱して、殆ど宗教団体のそれに近いわ。
 むしろ、ポリシーを持っているだけ、後者の方がマシかしら?
 この行動に、根拠も理論も理屈もへったくれもない。『夢』『絆』『仲間』『未来』『希望』『躍進』『調和』『笑顔』『理想』『心』『幸せ』『歌』『出発(と書いてたびだち)』などなど、 こんな口にするのが恥ずかしいような言葉やフレーズを多用した、脳内パラダイス化した企業が日本社会に増殖しているみたいよ。

⇒その行動の顕現が、朝礼での社訓大声唱和や気合入魂挨拶とかになるらしい。それを見て「わが社の社員は、皆やる気に満ち溢れていて、なんとすばらしいんだ!!」と、ご満悦している経営者って、何かキモイんですけど……。

全員の一致団結は必要だけど、無理なくっつきあいは非効率!
確かに組織である以上、個人各々で行動するより、団結して目標に付き進むのは、決して悪いコトじゃない。むしろ足の引っ張り合いや叩きあいばかりする企業よりかは、素晴らしいものがある。
でもそれは、運用面での分担に限ります。やはり他人同士というテイストを守るべきだし、その団結にリソースを使うのは、かえって非効率で余計な払い出しが多くなる。大きな目標の達成の為に団結するのに、団結する事が目標ではないハズよ。

団結は手段のひとつよ。目的ではないわ。

150425-01.jpg

こんなトコね。
『精神論』て、賛否が分かれがちですよね?
部下やスタッフを諭すのに『精神論』って、かなり手軽な論法ですね。ハングリー精神でやれば、必ずできるって言えばそれでイイのだから?

確かにそれを説くことで、仕事へのモチベーションがアップしたり、バリバリと働いて仕事ができない人から仕事ができる人へ変貌することだって十分ありえそーだわ。

でも、たまにだから効能があると思うけど、毎回毎回そればかりだと人間は良くも悪くも慣れる動物。
まったく意味を成さなくなる。
やっぱり精神論は、心構えのレベルに留めること。
手段や方法ではないですね。

機動戦士ガンダムで、出撃に不安になるアムロに対してオペレーターのセイラさんが、
「アムロ。あなたなら出来るわ……」
「おだてないで下さい。アムロ、行きま~す!!」

もしかしてボク達の根底にある精神論って、このアムロとセイラさんのやりとりが、始まりだったの?

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2015-04-25 : ボクがぶった切る! :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR