【効果抜群?】 風邪薬のちょっと変わった豆知識! 薬の見方が変わるかも

皆々様、お早うございます。

まだまだ寒いですね。
最近は、寒くてもマスク、予防でもマスク、化粧の手抜きでもマスクをしてるヒトが多いから、ガチで風邪をひいてマスクしてるのかどうか判別つかないわ。

風邪を引いたら兎に角、休むコト!
そして、さっさとヒトにうつしちゃいなさい!

まあ、それは冗談です。

今日のラッキーワードは、『ちょっと変わった角度から見た風邪薬の豆知識』よ。

さて、風邪の主な原因は、『ウィルス』による感染です。
感染された粘膜が炎症を起こし、咳、淡、鼻水、発熱 など、いわゆる諸症状が発生するコトです。

では、その時服用する風邪薬について、ちょっと変わった角度から見てみましょう!

★そもそも『風邪薬』は、風邪を治せない!
⇒これは、風邪薬の基本的知識と思って下さい。風邪薬は鼻水や喉の炎症などを抑えるためのモノで、治癒はできないの! ウソだと思うなら救急箱ひっくり返して風邪薬の説明書きを見て下さいな。
風邪を『治す』なんて一言も書いてないわ。風邪の諸症状の『緩和』って、書いてないですか?
『抗生物質』も風邪で弱った体を、細菌から身を守るために処方されているだけで、根本的にウィルスをやっつけるモノではないんですね。
(唯一効くのは、ワクチンかしら? でもワクチンはピンポイント的な対抗手段。風邪のウィルスというのは常に周りにいて、体内にも頻繁に進入してくる身近な存在です。 その度にワクチンを注射してたら、とてもじゃないけど治療行為が追いつかない)
(更に風邪の原因の『ライノウィルス』は、種類だけでも亜種を含め300以上あるらしく、撲滅にはとってもコストが掛かる)

なので、風邪のウイルスそのものを排除するのは『薬』ではなく、キミの体……

つまり、『自然治癒力』で治しているんです!
だから、風邪をひいたら、無理をせず休むのが一番の治癒なの!

ちなみに、昔から『風邪の特効薬』を発明したらノーベル賞モノと、言われてるわ。

更に、『コーラ』は風邪薬を作ろうとしてて偶然できたモノらしいです。
そう言われると、のどの薬と味に共通なモノを感じるわね。

150125-01.jpg 

★風邪のウィルスは頻繁に出入りしている。風邪をひく原因は、キミの対抗手段の低下。

⇒「じゃあ、何故風邪をひくの?」という疑問が浮かぶわ。
余程の特殊なウィルス(例えば『インフルエンザ』とか『エボラ』とかのヤバいウィルスのコト)でなければ、普段のキミの体は、容易に撃退してるの。いわゆる『免疫』というシステムですね。
⇒これが、体力の低下や、無理な生活が引き金になり、体の免疫力が低下し、いつもは免疫で抑制されていたウィルスが活発化した結果、風邪をひいた』という症状として現れただけのコトよ。


★風邪薬のCMは、あまり『治す』的なコトを言えない。


⇒『風邪薬で風邪を治そう!』といった表現は、正確には正しくないです。正しくは『風邪薬で症状を抑えよう!』が、正解です。(クドイけど……)
⇒なので、当然テレビCMでも、制約があるわ。
医薬品のCMには様々な規制が設けられていて、商品を思い通りにアピール出来ないもどかしさの中、メーカーはボク達では想像も出来ない涙ぐましい努力をしている。

その一つの例として、「効果効能または安全性についての最大限の表現の禁止」という規制があります。
これは健康食品の通販番組でも、薬品の様に効いたと誤解される表現を規制して、体験者が感想を述べて「すごく良くなりました」って言ってるそばから画面の下に、「感想を述べており、効能を示すものではありません」と、但し書きをしているアレですね。

⇒医薬品はもっと厳しいらしく、「この薬は、絶対治る!」とか、「この薬には全く副作用はない!」など、断言的な表現は、誇大広告とみなされてNGなのです。
でも、医療品メーカーってスゴイのね。その網を掻い潜り見事に規制をクリアして、見事に効能を十分にCMでアピールしているわね。

例えば……(思い出しながら書いたので、古かったら御免なさい!)

「せき、声、のどに、浅田飴!」

「バファリンの半分は、優しさで出来ています!」 (風邪薬じゃなかったわ。ゴメン)

「よかったね、早めのパブロン」と「効いたよね、早めのパブロン」

「あなたの風邪はどこから?」「あなたの風邪に狙いをきめて、ベンザブロック」

「くしゃみ3回、ルル3錠」と「熱、のど、鼻にルルが効く」

ごめんなさい。カイゲンのCMは、何だったかしら?
可愛い女のコのCMだったような……。

ココで注目なのが、『治す』という断言表記がないコトに気づきましたか?
上記には『効く』というのが、それにあたりそうだけど、『風邪に効く』とは言ってないからOKらしいです。

医薬品のメーカーさんも、何気にスゴイ努力が伺えるわ。
今度から、風邪薬は残さず飲もうかしら?
それは、ちょっと違いますね。

さらに、消毒液のCMで、よく観察すると、消毒した後の傷の跡がわずかに残っていたり、うがい薬で、口の中の雑菌や汚れがわずかに残ってるわよね。あれも、誇大広告を防止する為の措置で、『100%治癒する』『菌が100%無くなる』という、誇大印象を与えないようにするための工夫らしいですわ。

ホントに薬のメーカーさんには、頭がさがるわ。

今度風邪薬を大人買いしちゃおうかしら?

あ、ちなみに薬をまとめ買いすると、お店(薬剤師さん)に、いらぬ誤解を招くから絶対にしないで下さい。


ワンポイント-003-1  
★ボクからの今日の素敵なワンポイント……


風邪薬のCMで最後によく『ピンポン』という音が流れますね。(たまに声で「ピンポン」という場合もある)あれにも理由があって、特に効き目のきつい薬のCMについては、乱用を避けるための注意書と『喚起音』をつけた静止画面で、中央に3秒以上表示するように定められているのです。

これは、薬事法66条に則り行われてるの。

薬のコマーシャルには、ボク達の想像以上に、かなり細かな決まりがあるみいですね。ちなみに『喚起音』には特に制限は無く、機械音、人間の声、いずれでも良い様ですよ。(時々タレントの方が口で言ってますわね)

でも、用法容量記載の注意書き……、とても細かすぎて、3秒では読めないわ。

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2015-01-25 : ボクのうんちく雑学 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR