スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

【得なの?損なの?】 左利き=天才 サウスポーの優位性を考えて見よう!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『左利きの損得』よ。

人類の社会は、ハッキリ言って右利き社会ですよね?
ボク達が作る『構造体』や『建造物』は、人間工学的に殆ど『右利き』を前提に作られてるわ。
電話、販売機、改札、バイク、計算機、マウス、扉、はさみ、ゴルフクラブ などなど……、挙げればホント、キリがない。
野球選手のプロフィールに『右投げ右打ち』と表記される様に、ヒトには必ず『利き手』というのがある。一般的に『右利き』の方が多数派とされてるだけに、左で文字を書いたり箸を持ったりする人がいると、割とギョッとするコトがありますよね。
(ごめんなさい。左利きの人を差別するつもりじゃないの。個人的な思考でつい目に留まってしまうの……)

今日は、『左利き』というのを、損得面という世俗的な観点から考えて見たいわ。


★「左利きには天才が多い」というのは、ホントかしら?
巷でよくいわれるこの説を耳にしますよね。果たしてどーなのかしら?

結論を言うと、あながち的外れでもないわ。
ココでいう『天才』とは、通常のヒトに比べて成果が出やすいという定義にいたします。

⇒まず、この世界の構造体や建造物が右利き用に出来てるというコトであれば、左利きのヒトは日常から困難を強いられてるハズです。であれば左利きの人は、日常から必然的にトレーニングの頻度が多くなっているものでしょう。なので、右利き社会で右利きのヒトがぬるま湯に浸かってるのに対して、左利きのヒトは常に鍛えられてると考えれば、左利きのヒトが後天的に才能を開花させるのは、十分考えられると思います。

⇒更に世間では右利きが多いというのであれば、スポーツの世界においても、少数派の左利きへの対応が、中々出来ないというのもある程度頷ける。例えば、サウスポーのボクサーは、右利きとの対戦時に有利な事が多いです。それは左利きの構えやパンチは、右利きにとって慣れないものだからだという説が有力です。
 また、バレーボールでの左利きのエースは空中でボールを打つ時、セッター方向とは逆に体が向いているのでトスされたボールが見づらいが、右打ちに比べて左打ちは体1個分トスが長くなるから、ブロックのタイミングを容易にずらすコトが出来る。ライトにまわれば体の開いてる方向からボールが来るから、レフトのエースの様に打てる。
 スポーツの世界においても左利きへの対応は不十分だから、型にはまればこれほどの優位性はないと言えます。

⇒人間の脳は、右半身を左脳、左半身を右脳が制御しており、神経をクロスしてる。だから、よく天才のヒト=右脳活用者 的なコトと良く聞きますね。左手を使うというコトは、右脳をよく使うというのも天才発生率の底上げしてるのではないかしら?


★実は左利きが少数派である原因が、未だ判明してない!
世界人口の約10%が左利きとされている。この割合は古今東西を問わずほぼ一定。世界のどの大陸でもどの人種でも、ほぼ同じ割合。更に古代の壁画や石像を見ても右利きの方が圧倒的に多いらしい。
つまり今も昔もどこもかしこも、私達は右利き社会にいるということになるわ。
(また、わずかながら女性よりも男性の方が左利きが多いという不思議な統計結果もある)

ではなぜ、右利きばかり多いのでしょうか?
更に何故、太古の昔から10%前後で変動がないのか?

これが未だ判明してはない。ボク達自身のコトなのに、不思議ですよね。
諸説あるから、有力な説を列挙しましたわ。

・脳の機能説……
⇒ボクが思うに一番有力な説がコレだと思いますね。利き腕と脳はクロスしたつながりが太いことも確かです。言語と手仕事の両面において、より良い運動神経を必要とする場合、脳の左側は言語を制御しているので、脳の左側が制御する右半身の方が発達する。他の霊長類は人間のような話し言葉を使う種は今のところ確認されてない。
 ゆえに他の霊長類には、利き腕の偏りがないらしいわ。
・自然選択説……
⇒心臓は左半身にあり、右利きの戦士は右手に武器を左手に盾を持って戦い、左利きの戦士は左手に剣を持ち右手に盾を持って戦う。この結果左利きの戦士の方が心臓を危険にさらし致命傷を負う確率が高くなる。従って右利きの人間が多く生き残るという自然選択説による説ですね。
 でもこの説はかなり疑わしい。まず心臓の位置は若干左とは言え、身体のほぼ中央にある。それにこれは剣や盾の常用化されてた時代の話。それらが無くなった後の発生原理に説明つかない。
・種の自己防衛説……
⇒生物は多様化することによって、未知の伝染病や急激な環境変化に遭遇しても全滅することを防ごうとする。左利きが生まれるのもこの多様化の一種であるとする説。
 でも、利き腕の差がその意味で、効果があるかと言えばかなり疑わしいと言わざるを得ない。

その他にも、『遺伝説』『矯正説』『突然変異説』など、諸説あるけど、決定打に欠けるモノばかりです。
ちなみに10週間目から12週間目頃の胎内にいる赤ちゃんが、左手の親指よりも右手の親指を頻繁に吸っていた場合、そのコはかなり高い確率で右利きとして生まれてくるという説がある。
おなかの中で決まるのであれば、後天的な要因ではないみたいなのかしら?

150501-02.jpg 
 
★左利きは芸術家が多い!
左利きのことについて色んな資料で研究したんだが、左利きの人は右脳が発達してるらしい。右脳は感覚的に物事を捉える領域で、『絵が上手い』『音楽の才能がある』『パズルが得意』など、とある1項目に特化した異常な才能を発揮するケースがある。

結論を言うと、根拠がないけど無視も出来ない。
前述のとおり、左利きのヒトは右利き社会において常に脳が鍛えられてる。

⇒アインシュタイン、ニュートン、ダーウィン、ピカソ、ミケランジェロ、ダヴィンチ、モーツァルト、ベートーベン、バッハなどなど、これらの偉人天才の方は左利きです。

⇒ただし、左利きの方には、特異な才能とは裏腹にどこかしら常人ではありえない欠点があるの多いわ。例えば『異常行動』『特異な性癖』『極端な偏食』など、天は色んな意味でバランスをとってるものなのですね。

こんなトコかしら?

大数派に属して得なのか少数派に属して得なのか?
それはボクにも判らないけど、本人の気の持ちようなのかしらね?


ワンポイント-001-1★ボクからの今日の素敵なワンポイント……


よく左利きのコトを『サウスポー』というけど、何故『レフティー』よりメジャーに使われるでしょう?まず『サウスポー』の語源はアメリカの野球からきてます。
『サウスポー』とは、英語の『south』(南)と、『paw』(手)という単語を合わせたものです。『paw』の本来の意味は、(犬や猫などの動物の)足なのですが、ここではピッチャーの『手』を指すのです。

野球のグランドというのは太陽の日差しがバッターの目に入らない様に、ピッチャーマウンドから西南西の向きにバッターボックスを置くらしいのです。すると左投げピッチャーのボールの出所がちょうど南側なので、『サウスポー』と呼ばれるようになったという説。 また、セットポジションの際、左利きの投手は、南側を向いているからという説。 左利きの選手が、南部出身者が多かったという説もあって、正直語源が明確化されてないらしわ。

色んな意味で、『左利き』って謎が多いわね。
スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2015-05-01 : ボクがふと考えたコト :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。