スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
-------- : スポンサー広告 :

【これって必要?】 会社の無駄な風習-04 マイホーム購入後の単身赴任?  責任感を利用した辞令ってヒドくない?

皆々様、お早うございます。

今日は、ムシの居所が悪いから、会社の異常な風習をディスるわね。
今回のラッキーランドは、『会社のおバカな単身赴任』よ。

ボクは女性の立場からだけど、言わせて貰うわ。
マイホーム購入を知ってて単身赴任や転勤の辞令を出す会社をよく耳にするわ。
それって、何かメリットあるの?

結婚して子供が出来て、念願のマイホームを購入した直後、転勤をいい渡される事が、
何故かすごく多いと思うわ。

独身の若い社員を任命すると、辞める可能性ある。
 
ならば、結婚して、子供がいて、マイホームを買ったばかり社員であれば、 転勤を言い渡しても
そうそう辞めないだろう。
(お前には、ローンが圧し掛かっている。だから会社を辞めれるワケない)

ましてや、せっかく購入したマイホーム。それをワザワザ売るコトは出来まい。
家族全員引っ越す費用を会社は、負担したくない。

単身赴任の命令を聞かざるをえないだろう。

おそらく、会社の考えはこんなトコかしら?

これってヒドくない?

会社がわざと狙って、家を購入したばかりの社員を選んでいる。
……なんて邪推はしたくないケド、にしても
『既婚者(子持ち)』・『30代』・『マイホーム購入者』が、転勤になるというケースは、
確かに多すぎるわ。

辞令には、その免罪符的に「転勤になっても3年程度で戻れる」とか「のびのび出来る」とか言ってるケド、
子供がいちばん可愛い時に一緒に過ごせず、子育ての負担は妻に被せておいて、
これって体のいい強要じゃないかしら?

140609-01.jpg 
……とは言え、現実問題として、余程のことが無い限り転勤命令は断れないのが現状ね。
単身赴任や転勤を拒否できるのは、例えば、自分が何か持病を抱えている場合や、
病気の家族がいて面倒を見なければならないケース。
または、経済的に無理な場合(これは会社の負担がどこまでしてくれるかだと思うわ)ね。

一般論から言えば、上記に該当しなくても
「家族を会社の命令で別居させることなんで許されるのか?」と思いたくなるケド、
日本の民法でも夫婦は、同居する権利と義務があるコトを認めているとは言え、
残念なコトに更なる法的な解釈では、会社に勤めている限り転勤は「予め想定されるモノ」と、
考えられてるわ。
たとえ会社が転勤を命じたことによって単身赴任になってしまうような場合でも、
労働者はそれを拒否することはできないという考え方が一般的みたいね。

日本の社会文化の根底には、「家庭よりも仕事を優先して当たり前」という思想が、
かなり漆喰となって食い込んでるのね。
単に家族が別居という境遇は、「社会通念上許される業務命令の範囲を著しく超えてないない」と、
判断されてるのね。

であれば、日本の少子化対策は、もはや不治の病と言わざるをえないわね。

この社会通念を直さない限り、女性に子供を作る様には説得できないと思うわ。
男子の育休み、子供手当て、とか色々やってるのは判るケド、
その根底を何とかしないと、女性はホントに子供を生まなくなるわよ!!

マイホームを購入できる住みやすい日本……。
されど購入すると住みにくい社会……。

なんか、変にまとまってしまったわね。

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2014-06-09 : ボクがぶった切る! :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。