【管理という名の越権行為!!】 鬱陶しい上司の『過干渉』! 過度と適度の境界線はどこにあるの!?

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『会社の上司の余計なお世話な過干渉』よ。

どこの会社でも上司と部下の問題は必ずあるかと思います。最近では『パワハラ』『セクハラ』に代表される様に、上司の立場を利用して部下に対して過度な要求や理不尽な指示がとんでくるのもそのひとつかと思います。そこから『うつ病』や『恐怖症』などの引き金となり、最悪『自殺』という末路にまで至る場合があります。かと言ってそういう由々しき事態を過度に気にしてしまい部下を甘やかしすぎて、自分が仕事を抱え込んでしまい業務効率が劣悪になるのもどうかと思いますし、そのあたりの匙加減に苦慮されている方も多いのではないでしょうか。

そんな上司という立場の方には更なる仕打ちになるかもしれませんが、今日はそんなつもりはなくとも会話の節々で出てしまいがちな、上司の過干渉について考えてみました。

「部下をしっかりと『管理』したい気持ちは判りますが、それって『過干渉』ではないですか?」的な行動を見てみましょう。使う側の苦労は、想像以上多いかとは思いますが、使われる側もそれなりに辛いときもあるんですよ。

以下に列挙するわ。


★休日やプライベートに対して干渉してくる『ストーカー型過干渉上司』

⇒会社の業務に関してでしたらまだしも、「休日は何をやってるんだ?」とか「昨晩はどこへ行ってたんだ?」などなど、いい加減うざいんですけど、ホントどうでもいいじゃないですか? 別に遅刻や早退、欠勤したワケではありませんよ! ほっといてください! ……というのが部下側の意見かと思うわ。確かに業務外の行動について色々干渉してくる上司って、ホントいますよね。特に休みの日に業務連絡が携帯に飛んできて、出なかったりすると「休みの日にどこへ行ってたんだ!?」なんて問い詰めるのは、非常識もイイところですよね。休みの日だからこそ何処かに出掛けるものなんじゃないのですか?

⇒確かに休暇の管理も上司の管理項目の一部かとは思いますが、それは休日を取ると取らないまでの話しですよ。業務に支障がない以上、休日の行動内容については不可侵にすべきかと思います。但し緊急連絡に関しては、話は別ですよ。(例えば上司や部下の身内に不幸があった時とか……)その緊急という定義の境界線がその人の主観によるのが、厄介と言えば厄介なのですが……。


★仕事のやり方こなし方について干渉してくる『クレーマー型過干渉上司』

⇒仕事をしていてもべったり付きっ切り。ちょっと仕事をするたびに「今、何をやってるんだ?」と説明をすぐ要求したり、挙句に「今、それをやるべきなのか?」と独善的な仕事の手法を押し付けてくる。特に多いのが『プレゼンの資料』や『会議資料』などに「どれどれ一緒に考えてやろう!」と言って、結局自分の好きな様に部下の仕事を奪ってしまう上司です。確かに入って3ヶ月以内の新人に対してならまあアリかなとは思いますが、あまりに個人の手法に干渉してくると、指導を通り越して単なる強要に近いですよね。

⇒管理しすぎる上司が、事細かに部下に指示をするコトは、色んな意味で微調整が必要です。仕事をする人が、楽しく仕事をするために大切な1つの要素として自主性というモノがあるコトを忘れてはいけません。自身の創造性、知識、手法を駆使して、業務に取りかかるというのが仕事の醍醐味ですし、労働への意欲には重要なファクターと考えます。(無論、ある程度の経験者に限りますが……)

⇒この手の『マイクロマネジメント』は、それを根底から奪うモノに他なりません。そりゃそうですよね。何をしても「言われた仕事だけをしろ!」「余計なことをするな!」と、頭ごなしに言われればウンザリもするしやる気もなくします。上司の方は、「判りました! 安心してついて行きます!」的な考えを部下が持ってくれてると思います? 自分が社長に同じコトを言われたら、そう思えますか? モチベーション下がりまくりですよね? 部下も同じですよ。


★会社の人間関係について干渉してくる『セクハラ型過干渉上司』

⇒確かに会社での良い人間関係の構築は、仕事の幅を豊かにするだけではなく、一個人が会社という組織集団にいる上で生命線とも呼べる大事なリソースだとは重々承知してますが、流石に『社内恋愛』などにも介在してくると、もはや上司と部下じゃなく親と子みたいな感じで、鬱陶しいを通り越して気持ち悪いです。しかも女子社員に「最近はどうなんだ?」「うまくいってるのか?」とか、最近の女子の恋愛動向を気にするなんて、一歩間違えればセクハラ行為になりかねません。これはよく気をつけた方がイイかもしれません。

⇒無論、社内恋愛をしてても業務や仕事に支障が無く、ひいては周りのスタッフに迷惑をかけてないコトが前提です。そうなってしまった場合、上司の方が気にされるのは、流石に一理あるかと思いますわ。上司の設問が必ずしも過干渉とは限りませんので、自身の行動をよく鑑みてから判断した方がイイですわ。

161126-01.jpg

★服装や化粧について干渉してくる『お局様型過干渉上司』

⇒スタッフの身だしなみによく注意を払う上司は、それはそれで優秀な方と思います。殊に『寝癖』『服装』『髭』『目やに』『体臭』『口臭』などなど、多かれ少なかれ会社では人色んなシチュエーションで接点があるものです。当然そこで身だしなみに問題があるヒトは、相手に不快感を与えかねませんし、中にはハラスメント行為の一種としてとらえるヒトもいたりします。しかしながら、誰が見ても普通な化粧、普通の髪型、良識のある服装にも関らず、頭のてっぺんからつま先まで逐一チェックが入りダメだしすると、流石に面倒くさいと思います。更に服装のコトではなく「キミにはその色は似合わないよ」なんて、あなたは私の彼氏ですか?……と、言いたくなります。だったらまず、あんたの脂ぎったテカテカ顔なんとかしたら!


★会社の行事について参加を強制する『宗教団員型過干渉上司』

⇒会社では、『社員旅行』『忘年会』『飲み会』などなど、色んな業務外(一部業務内)でのイベント行事があったりします。無論それに対して全て背を向けてシカトしまくるのは論外かと思いますが、アルコール飲めないヒトに飲み会に強制参加させてイッキを強要したり、歌いたくないヒトにカラオケで歌わそうとしたり、仕事が終ったあとに勉強会と言って参加を強制したり、これらは全てハラスメント行為になる場合があります。(無論全てがそうとは限りませんが……)

⇒この手の会社行事強制型上司は、会社のイベントや催しモノを人生の最優先事項ととらえる傾向が強く、社長を神様の様に崇めてる上司に多い様です。ココまでくるともはや宗教団体に近い妄信的な社畜上司と言わざるを得ません。むしろ宗教をされてる方の方が本当の神様に信仰がある分だけ、マシなのかもしれませんね。自身が会社に骨を埋めるのは、それはそれで結構なコトです。でも、周りを巻き込んではいけません。


こんなトコかしら。

これらの『過干渉』の原因のひとつは、『部下の失敗→自分が責められる』この図式からくる恐怖からだと思うわ。だから仕事からプライベートまでコト細かく干渉してくるんでしょうね。確かにそれらを包括して管理している上司の立場も、判らないまでもないですわ。でも更に言えば、部下が信用できないのであれば、貴方の上司も貴方を信用できてないんじゃないでしょうか?

本来上司と部下の相互干渉は、お互いの仕事を楽にするハズのもの……。なのに本来ならば楽になって然るべきなのに、それ自体が苦しさを増長されちゃうなんて、なんか上司の過干渉って、酸素吸入器で鼻と口を塞がれてる様な変な苦しさですね。

どんなに懇意な仲でも会社員同士も上司と部下も、所詮はアカの他人。丸っきり信用してないワケじゃないのでしょうけど、どっぷりとお任せ出来ないからどうしても上司は干渉が多くなりがちなのは、ある程度仕方のないコトなのかもしれません。

ココは一歩踏み込んで、上司の迷惑な過干渉をなんとかしようとするよりは、「自分はそんな上司にもなんとか対処していけるんだ!」と、思えるようにするコトが今の社会では必要なスキルなのかもしれませんね。

スポンサーサイト
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-11-26 : ボクがぶった切る! :

【オレだってやってるんだ!】 旦那の家事を妻が認めない理由! 家庭内交差点のある衝突?

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『旦那の家事を認めない妻の理由』よ。

『掃除』『洗濯』『料理』『買い物』大きく分類すると毎日の家事ってホント大変ですよね。ココに『育児』が加わり更に『共働き』が付加されれば、世の中の奥様方は、ホント体が何個あってもたりない気分になりますよね。

旦那様が外で対価を稼ぐ代わりに、奥方様が家庭内の管理を分担する。

要は外に出る旦那様と内にいる奥方様は表裏一体。だから、旦那様が稼ぎ出した給与は、奥方様の成果でも有る。労働=収益にどっちが稼いでるなんて権利はない。むしろ共同収入としてとらえるべきです。……と、いうふうにスッパリと割り切れれば良いのですが、中々そうはいきません。
お互い日々の業務と家事で疲れてくれば、自分の立場と比べてしまい「相手は楽でいいなぁ」「こっちはこんなに疲れているのに!」的な考えを持ってしまいがちです。

最近では、『共働き』で妻の方も収入に貢献している分、家事分担を一部旦那にしてもらってる家庭もあるかと思います。例えば旦那が20万稼ぎ、妻が10万稼いでくるならば、家事全体の1/3を旦那が負担、2/3を妻が負担。この例えはかなり極論的な算出ですが、『仕事+家事=旦那+妻の共同成果』という上記の図式が正しければ、収入の比率に応じて家事分担があって然るべきというのも理屈としては通るかと思います。(かといって専業主婦は、100%家事を負担せよ、というコトではありません。特に『子育て』に関しては、両方が参加すべきと考えます)夫に「家事分担してほしい」と訴えてもなかなか重い腰を上げてくれず、不満が募っている妻も多いのではないでしょうか?

これはあるアンケートからの抜粋ですが、世の夫達に「あなたは家事をどの位、受けてますか?」という質問に、おおよそ30%~40%はやっていると答えます。ところが世の妻達に「夫は家事をどの位、受けてくれますか?」という質問に、20%もやってないと思うという答えが多いです。「4割はやっている!」「ウソ、2割もしてないわ!」こんなトコでしょうか?

この差は即ち、家事の負担について『妻は旦那が思うよりも評価してない』というコトになります。無論、全ての家庭がコレにあてはまるとは言いませんが、全体的な風潮として、そんな感情論が水面下にあるのかと思います。

では何故、世の奥方様は旦那様の家事を評価出来ないのでしょうか?
今日は奥方様の言い分に耳を傾けてみましょう。ちゃんと家事をしている旦那様におきましては気分を害したら大変申し訳ありません。

以下に列挙するわ。


★「雑すぎる!」

⇒男のヒトの家事特有の事象だと思うわ。料理をすれば汚しっぱなし。洗濯は洗濯機のまわり水びたし。掃除機掛ければ、モノをどかして直さない。要はツメが甘い。確かに男っぽいのはそれはそれでイイのですが、やり方があまりに乱暴なやり方で、『雑』過ぎて後々フォローが大変。せっかくやってもらってるケド、最初から自分がやった方が早いと思ってしまう主婦の方は、割と多いと思います。

⇒無論、人それぞれやり方があり、視点も違うから、家事の形にも相違があって然るべきとは言え、悪いトコだけ何故かクローズアップされてしまう。旦那様側の言い分は、「そうしてほしければ、そう言ってくれ! そうするから!」となり、その時の奥方様の言い分は、「それくらい言わないでもできるでしょう! 子供じゃないんだから判ってほしいわ!」という所でしょうか? 確かに、双方言ってるコトは間違いじゃありません。正論まっしぐらです。でも喧嘩街道もまっしぐらです。
これは双方理解しましょう。旦那は「妻がこなしてる家事は、あなたの想像以上にかなり細かいトコまでやってます」妻は「旦那がこなしている家事は、あなたが見えてないトコをちゃんとやってる場合があります」う~む。中々難しいコトですよね。

161120-01.jpg

★「気まぐれ!」

⇒『気が向いた時たまにやる』のと『毎日必ずやる』は、同じコトでも全く違います。無論、旦那の方だって、雨の日は雨の中を、風の日は風の中を、暑い日も寒い日も、疲れていてもかったるくても、月曜日でも金曜日でも、仕事とあれば出掛けているのは判ります。でも家事も一緒です。人が生きている限り『掃除』『洗濯』『料理』は最低発生します。しかもどれもこれもほぼ『毎日』発生します。仕事の代わりだと言うのなら、週に2日、家事を休業してイイですか?
不定期に時間があって気が向いたからやった家事を評価しろというのも、ちょっとどうかと思います。もし同等の評価を得たいと欲するなら、毎日やってこそ対等な評価と思うのは、ボクだけだろうか? 無論、気まぐれでもやってもらったコトは、嬉しいのですが……。


★「言われたらやる!」

⇒旦那が普段よく行う家事と言えば、おそらく『ゴミ出し』『食器洗い』『お風呂掃除』あたりでしょうか? これらを妻側が「出しといて」「やっといて」「洗っといて」と依頼をしてから重い腰をあげる。逆を言えば「言われなければやらなくてイイのだ」なんて考えてる旦那は、いくらやっても評価は得られません。当たり前です。仕事に置き換えて考えて見てください。部下に一度指示をして、ちゃんとやってくれました。しかし次の日、昨日の指示を遂行してなかった。気がついたあなたは「昨日指示したろ! 何故やらない?」と咎めたら、部下が「言われればやります!」的なコト言われて、あなたは少しもカチンとせずに、「この部下はちゃんと仕事してる。但し、言えばだけど(TT)」って、思えます? 評価できます? 
『言われてないから、やらない』『言われれば、ちゃんとやる』子供の論理ですよね。

⇒かなり極端な例えですが、家事だって同じじゃないですか? 『ゴミ出し』を例に取れば、「①今日は月曜日。燃えるゴミの日。②台所、子供部屋、寝室、洗面所、トイレ、家の中の全てのゴミを全て集める。(流しのゴミ、排水溝のゴミ、洗濯ネット、全てチェックする)③透明なビニールに入れて、しっかり分別を確認する。④ゴミ集積所のネットの内側に、カラスにイタズラされない様しっかりと包んで置いておく」ゴミ出しなんて初歩的な家事でもココまでのルーチンがしっかりとあります。もしかしたら、これでもヌケがあるのかもしれません。評価をされない旦那の殆どが、①~③までを妻が行い、④のみを旦那がやっているだけなのに、これで「オレはゴミ捨てやっている」なんて誇られて、しかも言われればやるって、いくらやっても評価対象としては浅はかかと思いますわ。

⇒家事をちゃんとやってるというのは、『妻側が全く意識せずとも、その事案が旦那によって既に遂行されている』このレベルで始めて、『ちゃんとやった』というコトになります。上記の『ゴミ出し』の例では、妻はゴミの日を意識してないが、旦那によって①~④のフェーズを終了した状態。最後に「ゴミ出ししたよ」という言葉に、「有難う。いつもすみません」という感謝が出るんじゃないかしら? 妻側が旦那に「あれをやってもらおう。これやらせよう」と思っている限り、評価は無理かと思うのは、妻の我侭なのかしら?


こんなトコかしら?

無論他にも、奥方様側の原因として、『妻の指定が細かすぎる』や『妻の評価基準がシビアすぎる』というのもあったりします。「どうせ何をやっても気にくわないんだよ」とか「どんなにやっても認めないんでしょ?」的な旦那様の言い分も確かにあるんだと思います。

こんな分析結果があります。
『旦那は家事をやってると思う妻』と『旦那は家事をやっていないと思う妻』の比率は、ほぼ同じらしいです。つまりは、既婚の奥様の2人にひとりは、旦那の家事を認めているらしいのですが、その双方の妻に、「貴方は、旦那を愛してますか?」的な質問を投げかけた所、前者の『旦那は家事をやってると思う妻』の方が、旦那様への愛情が深いコトが判りました。

実際に旦那がどこまで家事をやっているか、両者の間に明確な差がない場合、『家事の評価は、愛情のバロメーター』なのかもしれません。

考えたら一理あるかもしれません。好きなヒトであれば、ほんのちょっとのお手伝いも感謝にくわえ凄く嬉しく感じてしまい、普通のヒトなら「あんがと」で終っちゃう。
つまりは、『愛されてる旦那は、家事を評価されやすい』というコトになります。であれば、妻から評価をしてもらう一番の近道は、『奥様から愛されるコト』なのかもしれません。

愛情は、どんなトコから湧き上がるのでしょうか?
「家事をやってるのに、妻は認めてくれない」
世にいる旦那様は、こう感じているなら、妻も同じじゃないでしょうか?

妻が家事を頑張っているコトを、認めてあげましょう。誰だって自分を理解してくれているとヒトに『好意』を感じます。愛情の第一歩は、ソコからです。

貴方のする家事を認められないのは、貴方が妻のする家事を認めてないからです。

旦那様、仕事の頑張りは、会社が評価してくれます。
では、妻の家事は誰が評価してくれますか?

『あなた』しかいないんです。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-11-20 : ボクの結婚哲学 :

【やってはイケない!!】 日常に潜む『禁断の恋』!! 好きになると厄介な恋が意外にあったりする!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『日常にアリがちな禁断の恋』よ。

あなたは、『好きになってはいけない人』を好きになってしまったコト、ありませんか? また、『人にはあまり言えない様な恋』をした経験ありますか?
一般的に大きな声で言えない恋の形態って、ありますよね? 例えば、『不倫』『同性愛』『近親相姦』などなど……、世の中には背徳的な恋愛って色んな形であったります。これらは世間でいうところの『禁断の恋』というふうに分類されてます。(同性愛に関しては、正当な恋愛行動と位置づける考えもあります。同姓愛者は異常者という考えは、ボクは一切持っていません。あくまでも男女間とは違う恋愛体系というコトで述べております)

イケないコトは蜜の味……。してはイケないと思うと余計意識してしまういわゆる『ロミオとジュリエット効果』(ロミジュリ効果)ですが、「そんな漫画みたいなコトあるワケ無いじゃん!」と思うコトなかれ、『不倫』みたいな背徳感バリバリのやってはいけない『禁断の恋』ではなく、もう少し日常レベルに潜む『禁断の恋』といいますか、割とアリがちな『イケない恋』を列挙しました。

最初はおそらく『憧れ』や『興味』みたいな気持ちから『好意』に発展して、気付いたら「もしかして恋なの!?」になりかねない『禁断の恋』の予備軍が、日常にはこんなにもあったりします。

以下に列挙するわ。


★学校の先生……

⇒まあ一番ありがちに相手かもしれませんよね。PTAや何かの集まりで既婚者が先生とそういう仲になってしまうのは、完全に『不倫』ですが、ココでは生徒が独身の先生に恋してしまうケースを取上げます。法律的には年齢さえクリアしていれば(年齢相応のお付き合い)であれば、全く問題ないのですが世間的というか社会的な立場上、禁断の恋に近いですよね。多くの生徒が、親身になって相談にのってもらったのをきっかけに、その理解者という憧れがいつの間にか特別な感情に変化していくのが主なパターンみたいです。「自分だけの先生になってほしい!」「みんなより特別扱いされたい!」「先生といると安心できる!」などなど、ちょっと特別な独占欲が大きく心理としてはたらく様ですね。

⇒相手の立場をホントに考えるなら、卒業後に正々堂々とお付き合いすべきだと個人的には思います。卒業して離れても冷めないのであれば、それは『禁断の恋』ではなく『本物の恋』と、確信してもよいかと思います。年上で尊敬できる相手を、ただ単に羨望の眼差しで見てただけか、それとも本当に好きな相手なのかは、それで判るのではないでしょうか。

⇒仮に現実に交際をすると、先生側に社会的制裁が下る場合があります。そーなっても、その人を好きで居られますか? 『先生』が好きなの? それともその『人』が好きなの? 決して叶わぬ恋であるなんて言いませんが、色んな意味でよく考えた方がイイかもです。


★友達の彼氏彼女……

⇒「好きな人に好きな人がいても、やっぱり好き」というのはアリとして、ではその好きな人の彼女が自分の友達だったら、どうしましょう? 好きな人が他をヒトを向いてるだけでせつないのに、それが友達なんてせつなさに拍車を掛けますよね。『不倫』ほどの大問題にならないにしても、恋人がいるヒトと付き合うコトは、やっぱり立派なルール違反だと頭では判っていますが、人を好きという気持ちはなかなか止めようがありません。『友情をとるか?』『愛情をとるか?』で、とことん悩む方も多いでしょうね。

⇒でも落ち着いて考えましょう! どんなコトをやっても誰も傷付かない結末は、まずありません。奪えば友情と友達が傷付くし、諦めれば自分が傷付くし、告白してフラれようモノなら、友情、愛情、自分の全てが傷付く可能性をはらんでます。一度壊れた関係は、中々元には戻れません。周囲からも略奪者として確実に危険視されて、誰も近付かなくなるコトもあります。

⇒友達が付き合っているヒトを好きになってしまった場合、一般的にどう対処してるか調べた所、おおよそ90%の方が「何もせず心にしまう」「諦める」など、仲を裂こうとはしない選択肢を選ぶ様です。割と懸命な判断をしてる方が多いのですね。その割には、よっぽど取り返しのつかなくなる『不倫』や『浮気』が横行してるのを見ると、ちょっと人間の気持ちって判らなくなりますよね。

161114-01.jpg 
★友達のお父さんお母さん……

⇒遊びに行くといつもやさしく接してくれる友達んちのお父さんやお母さん。自分の両親と比べると、桁違いな素敵オーラ連発。アンケートによると実に20%くらいのヒトが友人のお父さんやお母さんに恋愛的感情を抱いた経験があるらしいです。更にソコから10%くらいが、あまりヒトには言えないコトをした経験があるみたいです。(ヒトに言えないコトというのは、何もオトコとオンナ的のHな関係でなくて、『手をつないだ(触った的レベル)』とか『友達に内緒で直接連絡したり』とか、『不倫』に あてはまらない範疇のコトを言います)

⇒でもよく考えて下さい。あなたの前では素敵な振る舞いのお父さんやお母さん。それは貴方が他人だからですよ。家族になった途端、それらは殆ど瓦解する。素敵な一面なんて、そんなのは幻想に過ぎないコトは、ホントは誰しも理解してるはずですよね。


★取引先のヒト……

⇒社内で独身男女が恋仲になれば『社内恋愛』だし、既婚者がやればれっきとした『社内不倫』ですが、超ビミューなのが取引先のヒトだったりします。普段の業務的な会話の隙間から、相手は独身、しかも付き合っているヒトもなしと予測、休みの日も割りと開いてそう。そこまで外堀埋めたにも関らず、踏ん切りがつかないのは、取引や仕事に影響があったら困るからでしょうか? 凄くもどかしい気分になりますよね。

⇒でもこれは確かにそうです。個人的な恋愛沙汰で会社に損失を与える可能性が無いワケではありません。また付き合えたとしてもどんなに懇意な会社でも、『機密事項』は存在します。たとえば『商品の原価』や『会社の経営状況』『待遇』などなど、それらが露呈して取引に影響が出ないとも限りません。ましてやプライベートの喧嘩や諍い(いさかい)が会社間の関係悪化に繋がっては、元もこもありません。取引先のヒトって、割と禁断的な相手ですよね。


こんなトコかしら。

他にも『隣のヒト』=あまりにも近すぎて、ちょっとビミョー、『よく行くコンビニのヒト』=近所にダダモレになりそう、などなど、これら『禁断の恋』の共通点は、「その気になれば出来ちゃうんだけど、なんか妙に抵抗感がある……」という気持ちでしょうか?
確かに既婚者と恋愛するよりかは、法的な制裁もないかと思いますが、社会的な立場がそれに警鐘を鳴らしてしまう、なんとも厄介な『恋愛』ですよね。

あれれ、もしかしてこれくらい壁があった方が燃えるし萌えるなんて考えてませんか?
確かにそういうのを含めて『ロミジュリ効果』って言いますが、ロミオとジュリエットの結末は、お互いの死をもって終焉してます。しかもすれ違いで……。

それでも燃えます?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-11-14 : ボクの素敵な出会い :

【チン実はいつもひとつ!】 一人暮らしの男のコの部屋からバレやすい浮気の証拠! こういう残骸は要注意!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『こんなトコから浮気がバレる! 彼氏の部屋編』よ。

最初に言って置きますけど、ボク自身、女として彼氏の浮気を許せるワケではありません。でも、こっちは探してる気、詮索してる気、全く無いのに、かなりモロバレな感じで浮気の証拠があれよあれよと容易く見つかっちゃうと、流石にもう少し隠してほしいと言いますか、見えない様に努力してと言うか、逆に頑張って判らない様にして欲しいと思うのはボクだけでしょうか?

確かに男のコである以上、ヤリたい時(すみません。下品な言葉です)は、四の五の考えずに浮気相手のコを引き込むんでしょうけど、この時の男のコの油断というのはかなり深刻です。ホテル代を安く済ませるために、浮気相手を自宅に連れてきてしまう気持ちはよく分かりますが、そもそも浮気相手を自分の部屋に連れてくるのは、正直言ってかなり危険な行動と認識した方がよいです。
もしあなたが結婚や同棲で、本命と一緒に住んでいるのでしたら、部屋内での蜜月は絶対に避けましょう。どんなに注意しても、浮気現場には必ず痕跡が残ります。

普通の女のコでしたら、割と敏感に部屋の違いを察知します。
そしてその証拠の露呈は、男のコの想像を超えたトコから顕(あら)わになります。

今日は、彼氏の部屋の浮気の証拠を見る、女のコの着眼点を考えたいと思います。

以下に列挙するわ。


★女モノの忘れ物が見つかる!

⇒女性特有のアクセサリーなどが残っていれば、一発でバレます。ていうか、そんなモノをいつまでも置いとく方も方で、それに気付かない彼氏サンの認識に問題アリだわ。モノが置いてあっても気付かないというコトは無くなってても気付かない。つまりはドロボーが入っても判らない。どんだけ無頓着なの? 逆の意味で自宅のセキュリティー面が心配ですよ!

⇒浮気相手の落し物で特に多いのが、『ヘアピン』と『ピアス』です。まずヘアピンを使う男子はあまりいません。職業柄、床屋さんやカット屋さんならあっても不思議じゃなんですが、それでも『ヘアバンド(ヘアゴム)』は、髪をまとめてる時に、ビョンって飛んで行ってしまい、妙なトコから発見されてバレるなんてコトよくあります。

⇒更に『ピアス』ですが、洗面所やベッドサイトに置いといて、そのまま忘れて帰ってしまったモノを彼女が来るまで放置してるなんてもっての他です。流石に気づいて片付けましょう。ベットの上にキャッチの部分が出てきてバレるなんてコトも多々あります。浮気相手が帰った後は、せめて一回布団をバサァっとやった方がイイと思いますわ。

⇒コレはあるセフレ経験のあるトモダチから聞いたんだけど、トイレの収納の奥や棚の奥に、生理用品をこっそり置いて帰ったりするみたい。理由は単にスリルがあるからともはや悪意の垂れ流しの状態ですね。怖いわ。……なのでトイレの収納棚を定期的に、整理整頓するコトをオススメしますわ。


★ゴミ箱から証拠が見つかる!

⇒ゴミの内容は、そのヒトの生活を雄弁に語ります。化粧の着いたコットンや灰皿の口紅のついたタバコは、完全に抹消すべきですね。ましてやベット脇のゴミ箱から使用済みコンドームが見つかるなんて、犯人の家から血糊がベットリついたナイフが見つかる様なモノです。使用済みのコンドームは、せめてティッシュに刳(く)るんで捨てましょう。更に見落としがちなのが、コンドームの包装の袋の方です。意外に無頓着なヒトが多いです。凶器の刃物が見つからなくても、刃物入れだけで充分証拠はあがります。気をつけましょう!

⇒あと部屋から浮気がバレる証拠第一位が、長い髪の毛が残っていた場合です。仮に本命の彼女の髪がロングなら問題ないと思いがちですが、女のコは自分の髪と他人の髪の区別つきますよ。部屋の髪はコロコロローラーで拾い集め、布団のシーツは取替えて、更に洗面所やお風呂場の排水溝も確認しましょう!

⇒男のコの部屋のゴミ箱の位置を女のコは、かなり何処にあるか判ってます。おそらく部屋、トイレ、洗面所、台所。最低でも4箇所の捨て場所があったりします。女のコはソコにある見慣れないゴミにかなり鋭い感覚を持ってます。これは男のコの想像をかなり超えるポテンシャルを持っているモノとお考え下さい。

161108-01.jpg 

★消耗品の減り具合からバレる!

⇒部屋には多くの消耗品があります。特にヒトの生理現象に関る消耗品は、そこに何人いたかを推測するには持ってこいの証拠品です。特に『ティッシュペーパー』『トイレットペーパー』の減り具合が妙に早いと感じて、そこから浮気の証拠を掴んだコも珍しくありません。ただ、コレに関しては状況証拠の域を出ません。ティッシュならカゼひいてたとか、トイレットペーパーなら、お腹壊してたで、上手くかわせますが、時折、女のコが浮気を疑っている時は、部屋にあるコンドームの残り残数をカウントしている場合があります。ココは注意が必要です。


★残り香からバレる!

⇒サメは一滴の血を百万倍に薄めても、血のニオイを嗅ぎ分け出来ると聞きます。女のコも男のコの想像以上にハナが利きます。男のコには感じないニオイも女のコはかなり敏感に感じ取ります。部屋に別の香水のニオイなんか残ってた時には、他の女が来たコトくらいすぐに察知します。特にベットのシーツに付着したニオイなんて、普段毎日寝ている男のコは判らなくても、女のコは好きな男のコのニオイをしっかり覚えてます。更に枕についた男のコの髪ニオイを、しっかりと覚えてます。なので、そういうコトをもししたのならば、即座に洗うコトをオススメします。

⇒あ、ちなみにファ○リーズしても無駄です。普段滅多にしないファブリーズを使ったコトが、何かニオイを隠そうとしていると、女のコは想像します。やるならば、そういうコトが無い日も含め、マメにシュッシュするコトです。


こんなトコでしょうか?

他にも『機種違いの充電器が置いてあった』や『トイレットペーパーが三角折したあった』などなど、実に多種多彩な証拠から『浮気』を嗅ぎ分けるモノです。見に覚えのある男性の方、今からでも遅くありません。たまにはお掃除してみたら如何でしょうか?

ただひとつだけ、女のコに言っておかなければなりません。大好きな彼の浮気を追求したくなる気持ちは判りますが、勝手に彼の持ち物を漁ることは厳禁です! 好きな気持ちがあれば、何をやってもイイという論拠にはなりません。そして決定的証拠の見つかる見つからない関らず、ふたりの関係に何らかの傷跡を残すのは間違いありません。

そりゃそうですよね。
信じていたヒトの信じられない証拠を、信じたくはないけど信じるしかないんだもん。

浮気をする方、その証拠を挙げる方、
双方に傷つけるかもしれない、傷つくかもしれない、
そんな覚悟がある程度必要なコトは理解しておいた方がイイですね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-11-08 : ボクのうんちく雑学 :

【これにコレをかけるの?】 意外な『ドレッシング効果』!? 日常にある新しい味覚の発見!!

皆々様、お早うございます。

今日のテーマは、『家庭の台所発信! 意外なドレッシングが意外に旨い!』よ。

『新しい食の発見!』というご大層な所業ではないのですが、「アレにアレをかけて食べたら、意外に旨かった!」「ありえねーけど、割とウメー!!」なんて経験ありませんか? 新しい『味』の発見は意外なトコに潜んでいます。コレって馬鹿に出来たモノではありません。意外なソースが意外に美味しくなってしまうコトってよくある話です。例えば『シーフードサラダ』なんていい例ではないでしょうか? (シーフードサラダの起源は諸説あります) 一般的なシーフードサラダって、野菜の上にシュリンプがあって、ムール貝があって、お刺身系が数種のっかっているそんなイメージでしょうか? そこにドレッシングをかけて食べる。そもそもお刺身にマヨネーズやドレッシングを掛けるなんて、最初は思いつきもしなかったと思います。でも食べると意外に美味しい。(カツオの叩きもマヨネーズで食べると意外にいけたりする)今では普通ですが、よくよく考えれば意外です。
更に、『テリヤキバーガー』も同様です。ハンバーグに焼き鳥のタレですからね。今でこそ普通ですが、よくよく考えれば最初に考えたヒトは、凄いコトかと思います。

何にしても最初に発見するヒトは、凄いヒトか変わりモノ。
なんて理不尽なヒトの評価はともかく、新しい味の発見は意外なトコに潜んでいて、割と皆さん独自な食文化を持っているみたいです。

今日は変人の烙印覚悟で、『これにコレかけると、割とうまいよ』的な食べ物を、まとめてみました。試すのはご自由ですが、味の保障は致しません。用法容量を守り、正しく食して下さい。

以下に列挙するわ。


★『ご飯』に『蒲焼のタレ』
⇒前にも何かで書いたかと思うけど、コレって本体の鰻や穴子いらないかも。特にタレをレンジで温めてからご飯によそえば、凄く贅沢に感じてしまうのは、ボクだけでしょうか? 更に缶詰の蒲焼を丸ごとご飯に乗っけて食べるヒトもいる。缶詰のタレって、見るからに不健康そうなんだけど、その背徳感が余計食欲をそそったりします。コレを単なる手抜きと考えてイイものでしょうか? 突き詰めるとココから新しいメニューが作り出せそうな気がするのは、ボクだけなのかしら? ただし、女として言うと、彼氏の前では是非止めて頂きたい。微妙な表情されるのがオチだと思うわ。でも、ラー油をかけて食べるのがアリなら、これもアリの様な気がしないでもないわ。


★『野菜炒め』に『トンカツソース』
⇒ボクのまわりに、サラダに『トンカツソース』をかけるヒトがいるわ。そのヒトの言い分は「トンカツの千切りキャベツにトンカツソースをかけて食べるのに、サラダにかけて何で引くの?」と、言うのだ。言われてみれば確かにそうね。これはその発展系とのことです。『野菜炒め』の味付けには色々あるかと思います。基本的には『塩』『コショウ』にプラスアルファですよね。そこに『オイスターソース』をひと垂らしのとうのもあれば、『めんつゆ』のヒトもいるし、『醤油』をかけるヒトもいれば、『酢』をかけるヒトもいます。ココでいうかけるのは、フライパン上での味付けでなく、更に乗った状態の野菜炒めの上からトンカツソースをかけるとのコトだ。(作ったヒトには申し訳ないので、お店ではちょっとムリかな……)で、実際に家でやってみたけど、割といけるわよ。


★『トマト』に『めんつゆ』
⇒実はトマトって、何をかけても美味しい万能野菜(フルーツ?)だと思うわ。実際、『サラダドレッシング』『マヨネーズ』はもとより『醤油』『ゴマだれ』『ポン酢』『塩』など、何をかけても美味しいわ。更に信じられないコトに『砂糖』をかけて食べるヒトもいたりする。騙されたと思って食べてみたらこれが意外にアリでした。なので『めんつゆ』もかなり普通に美味しいですよ。何かめんつゆだと妙に健康的なイメージなのは、ボクだけかしら? トマトにかけてピンとこなかったモノって、『トマトケチャップ』くらいでしょうか? そりゃそうよね。もともとトマトなんだし……。


★『納豆』に『鮭フレーク』
⇒出ましたわ。『コンビーフ』『魚肉ソーセージ』と並ぶ独身家庭の3大象徴的食材いっかく『鮭フレーク』!(凄い偏見でごめんなさい!) ちなみに鮭フレークは、『ご飯』はもとより『お茶漬け』『チャーハン』『おにぎり』『ちらし寿司』などなど、ご飯系の食べ物には全て合う万能食材よ。なのでご飯にかけるものとのコンボが可能なのは、道理といえば道理ですよね。普段『納豆』に混ぜるモノ例えば『卵』『ねぎ』『おくら』などなどに、飽きたらお試しの一品よ。更に『キムチ』をかけるヒトもいるわ。『納豆』ってすごい食材ですよね。

161102-01.jpg  
★『インスタントラーメン』に『納豆』
⇒納豆を色んなモノにかけて食べるヒトはいるケド、これは意外や意外。割といけたりします。必要なのはちょっとした勇気だけかもしれないわ。でもトンコツラーメンに紅しょうがを牛丼並みにテンコ盛りにして食べるヒトもいます。それとおあいこじゃないかしら?


★『トースト』に『マヨネーズ』
⇒コレって前々からあった様な気がしますよね。パンをトースターで焼いた後に、一回出してマヨネーズを一面にかけて再度トースターに入れて焼く。焦げたマヨネーズが更に美味しくする。パンの焦げとマヨネーズの焦げが絶妙だったりするわ。この上に更に『ハム』『シーチキン』をのせると凄く贅沢な気分になるわ。ボクの友人にはココに『ふりかけ』をかけて食べたコがいたわ。


こんなトコかしら?

探せばこんなネタってどんどん出てきますよね。実際のところ『カレーライス』に『ソース』や『ケチャップ』をかけたり、『お味噌』の『マヨネーズ』や『コショウ』や『七味唐辛子』をひとふりしたり、細かいコトを言えば独自にみなさん色々やっているのではないでしょうか?

コンビにとかに行くと、そういう都市伝説的な食べ方が、「実はオレも!」「私もやってる!」なんてコトから広まった食べ物も少なくありません。コンビニのおにぎりのコーナーなんか、よい例かもしれませんよね。ちょっと前でしたら、おにぎりの具は、『シャケ』『梅干』『おかか』くらいが主流で、今みたいに『焼肉』『シーチキン』『たらこマヨ』『かにマヨ』なんて、無かった様な気がします。(無論、地方に行けば、その土地の食文化に根ざした具がありますが……)
そう言った意味では、ヒトの『味』に対する探求って、凄いモノがありますよね。

飲み会とかで、食べ方のあるあるで、こういう話題になったりしますよね。もしかしたらその時が新しい味の発端に、知らず知らずに立ち会ってるのかもしれないわね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ★ポチッとしていただけると、嬉しいです。また来てくださいね!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ ブログランキング blogramで人気ブログを分析

ブログ王ランキングに参加中!
2016-11-02 : ボクがハマってるコト :
ホーム

プロフィール

MICA

Author:MICA
まずボクは、ボク自身が
割りと不真面目な性格だと、
かなり真面目に思っている。

またボクは、ボク自身が
素直な性格を持ち合わせてないと、
かなり素直に認めている。

更にボクは、ボク自身が
ホントの性格に気付いて無いコトに、
かなり的確に気付いている。

そしてボクは、
ボクが何者か判ってないコトを、
かなり明白に判っている。

そんなボクが書いたブログが、
見当もつかない内容になるのを、
ボクはおおよその見当がついている。

ボクは、一体何者なのだろう?
 
と、あまり真剣に考えない様にと、
割と真剣に考えている。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2016年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ボクの過去画像

Powered by 複眼RSS

こっちもボクの過去画像

ランキング参加してます-1

ボクも参加してるんだよ
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

ランキング参加してます-2

ココにも参加してたりします。

ランキング参加してます-3

ココにもいたりします。
ブログランキング

ボクからのインフォメ!

今日は何の日!?

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キミは、何人目のボクの友人

キミと、一緒にいるボクの友人

現在の閲覧者数:

QRコード

QR